スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017 . 10
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    前の宣言通りに、同盟始めました。

    鋼FAの声優さんも応援中!

    同盟ページはこちら
    みんなで応援しませう。

    鋼が好きな木管寄りの音楽同盟

    同盟ページはこちら
    こっちも千住明さんに対応(笑)しました。
    鋼の音楽は、とてもよいと思います!

    また、マシン録画失敗です。
    が、某さんが録画したものを出先で見せてもらいました。
    最近のポーダブル機器すげぇっすね!しかも画面がきれい。下手したらウチのしょぼテレビよりもきれい
    ウチに初めてビデオが来て、「予約録画」をした時も「今時の文明の利器すげぇ!」ってなりましたけど(何年前の話かは問わないでクダサイ)
    それくらい衝撃でした・・・

    でも内容は超辛口どころか、こき下ろしてますので、一応予告。

    アニメ第5話 哀しみの雨

    ■お母さん!プレゼント
    可愛すぎて鼻血がっ!!ここは満点だぁ・・・!!

    ■うなされて「いてぇ」
    マンガで、凄く好きなシーンのひとつ。ひとり「いてぇ」と言いながら足を抱える。
    あんな風に凹んでるエド萌えなんだよねぇ。何か?私Sなのか?

    が、アニメのこれは、あまり胸に響いてこなかった。うなされて起きる→「いてぇ」のあたり、演出がぺらかったと思う。
    なんかこう・・・安っぽい感じ。
    アルの存在はいらなかったと思う。
    悪いというほど悪くもなかったけど、微妙に残念なカットだった。

    ■「見ない方がいい」
    これも、凄く好きなセリフのひとつだったり。細かいんだけどね。
    幼いエドを気遣いつつ、完全に子ども扱いしていない、語感がすごく好き。

    ■バーローwww
    つ・い・に!
    私の妄想が現実のものに!!!(エッカルト風に)
    鋼がアニメ化する前から、えんびの声は、高山みなみ希望でした。
    人の夢はいつか叶う・・・その思いに、じーんとなりました。

    ところで、自宅で課題やりながら見てた弟が、すぐさま(ノートから)顔をあげて「バーローだww」と言った。

    どこで何をやっても、高山ヴォイスは光ってる。これからも期待しています!
    わーい!(←本当に嬉しい私デス)

    ■スカーさん
    いつからか、スカーに「さん」をつけるようになってしまいました。明らかにアニメ1の影響です。本当に(ry
    声がいいなぁと改めて思いました。

    ■エドの右腕粉砕
    ・・・ハァ?????
    と、思った。
    ナンダコリャ?
    の域ですよ。

    なんだこのペラさ。
    カメラワーク(絵コンテ)も、演出も、
    何もかもがまったく気にいらねぇ!

    あまりの迫力のなさに、目が点になって、思わず巻き戻した。
    そんで、また見て、思わずうなだれて「はぁ・・・」ため息つきながら、「これはない」と首を振ってしまった。
    したらば、一緒にコーヒー飲んでた某さんが「やっぱりそこひっかかります?」とおっしゃったので、ここに「??」と思った人は多かったのかもしれない。

    いや、ここ、本来なら一番力を入れて描かないといけないシーンでしょ?
    なんで、正面から壊れる機械鎧を描かないわけ?
    わからない。理解できない。正直「機械鎧逆ですよ誤解」を与えまくったあの演出以上に理解できない。

    某ブログさんで、義手の破壊は放送禁止っていう「表現の規制」が入ったのではないか?と書いていたが・・・
    まぁ、それが理由ならこういう表現になったのも理解できる。
    だが、それならそれで書いていいか。
    きつい物言いだけど、あえて言わせてもらう。

    このシーンが描けないような鋼アニメなんていらねぇよ!

    規制だったとしても、音楽や効果音で迫力を出せたはずだ。それをやるのがプロだろう?また、入江さん他、このアニメのスタッフには、それをやり遂げる力量があるはずだ。絶対。
    このシーンは、本当に残念でした・・・

    ■「兄さん!」「逃げろよ!」等
    圧巻だった。
    息を飲む演技とはまさにこのこと。
    素晴らしかったです。

    私、2話くらいからずっと感じてたんですが、釘宮は、多分アニメ1期と今回のアニメの違いを研究してて、演技をそれに合ったものに変えてますよね?
    これね、凄く難しかったんじゃないかなぁと思うんですよ。
    でも、しっかりとそれをやってのけてる彼女。
    だって、この件に関しては、朴さんでさえ、まだ模索中ではありません?イベントでは「新しい気持ちで」とおっしゃっていたけど、演技の方はまだ1を引きずってるなぁって時々思うんです。

    さすが、釘宮、どれも同じような 違う作品のツンデレキャラを演じ分けてるだけのことはあります。


    アニメ1の時、鋼のキャストが発表された時・・・声優の知識が10年前で止まってた私。
    その時の私は思いました。
    「釘宮理恵」って誰やねん、どこの新人やねん。はっ?!まさか売れない芸能人の売名行為?!きっとそう!そうに違いない!スクエニだし!ぎゃーす!どーせ棒読みで、どーせ最悪なんだ!バカ~(自棄酒)

    ・・・なんて、ものすごい勘違いをしたこともありました。無知って怖い。
    あの頃の私を床に10回投げ飛ばして、胸倉つかんで30回往復ビンタの後、機械鎧の実験台としてウィンリィの前に差し出して、全身ロケットパンチに改造して宇宙の彼方へ吹っ飛ばしたい。

    ■「きさまぁああああ!!」
    おおお「きさま」はちょっとびっくりしましたなぁ。
    アニメ1だったらありえない表現ですね。アニメ1は、殺されそうになっても「さん」付けです。(笑)
    よいと思います。

    ■兄さん動かない
    ・・・動かなすぎではなかったか?
    軍部チームが助けに来た時ぐらい反応しようぜ~。

    ■不能・・・じゃなかった、無能。
    うん、まぁ面白かったと思う。

    ■でも生きてる
    相変わらず釘宮が神。

    でも、相変わらずカメラワークに難。
    なんでそこでそれを映す?
    なんでそこで遠景にする?
    とか、そんなんばっか。
    演出は、まぁそこそこよかったと思う。

    ■リザさん
    ほんの少しだけ美人度が上がってた。
    ふたりに優しい軍部ってのは、重要なことだと思う。マンガ以上にこれが描かれたことは好印象。
    でも、やっぱりもっと美人に描いてほしいのですが!

    ■軍部部屋でのやりとり
    「子ども扱い嬉しい!」ないのかな。しょぼーん。
    しかし、ここも重い事を言ってる割に、軽かった。
    カメラワークはまぁまぁだったけど、今度は演出が・・・

    もう、こんな堂々巡りで、もう、ヤダ・・・

    ■というわけで、結局さ

    カメラワークと演出の稚拙さだけが浮き彫りになった話でしたけどなにか?

    ところで、数日前に聞いてみた。
    アニメではカメラワークは、絵コンテでほぼ決まるそうだ。あとは、原画さんなどのレイアウトがそれに当たる。
    アニメの演出は「間」を決めてるそうだ。

    で、このアニメ2。
    前回の話がそこまで気にならなかったから、慣れたのかなぁ・・・と思ったら、今回でもうダメだ、の域に。
    はっきり言おう。

    入江監督の絵コンテ、好きになれそうにありません。

    ここまでの5話中4話で「ひっかかり」を感じるから、もうダメなんだと思います。
    今回に限らず、一番気になるのは、アップで描かないといけないところで、遠景を描いたり、酷い時には、空とか風景を映す手法。
    例えば、キャラの感情が爆発してるシーン。大事なキーポイントになるセリフをしゃべっているシーン。
    そこで、表情描かなくてどうするよ?!
    ってところなのに、空映してどうすんだ、と。

    それから、カメラ引いて、状況やしぐさを描かないといけないのに、キャラのアップで、状況把握ができないことがあること。例えば機械鎧錬成シーン。ここは何度も「ハァ?」って思った。
    これまでで、何度「トリミングが!トリミングもっと下!」と言ってしまったことか。

    新人のマンガにはよくあることですが、まさかこういう思いをアニメで抱くことになろうとは、夢にも思わなかったよ。

    予感はありました。1話の感想。

    「でも、カメラワーク(絵コンテ)は、前のほうが好きだったかもしれない。慣れかなぁ?
    でも、正直そう思ってしまった。
    今回入江監督がコンテ切ってるんだよねぇ。もし、このコンテが肌に合わないとすると、私にとって致命的なのが・・ドキドキ。」


    って書いてたんですが、ようやくわかりました。
    もう5回も見ました。慣れとかそういう問題じゃない。
    三つ子の魂なんとやらですが、この問題は私にとって致命的です。
    決定です。
    正直、この事実にはがっかりです。あぁ、がっかりですよ!


    見たくない作品ではないから、視聴は続けます。
    まぁ、どんなにこき下ろしても、そのカメラワークと、時々演出…以外は、結構お気に入りな感じだですしね。
    これからの展開も楽しみ。エドウィンエドウィン!


    次回はウィンリィ!
    実は、ここで1回でもいいなぁ・・・(何を?)なんて、わかる人にだけふってみる。(笑)

    あ、ウィンリィが眼鏡取らなかったのは、視聴者に「なんだあの女(?)かわいくねぇ…」と思わせておいて、来週「うおっ、かわいいww」って驚かせる作戦だから、よいのですよ。笑。(と、某さんの感想に勝手に私信。笑)

    ウィンは可愛く描いてくれると信じてる!信じてる!(大事なことなので2回言いました)

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-969.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/969-d79c5d78
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。