スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 06
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    今日も朝から落ち着かない。アニメ1の時と同じ状況でした。昨日見てるのに、さ。
    感想をドコで書いていこうか・・・ブログにしようか、HPにしようか迷ったんだけどブログでしていくことにします。(更新しやすいが、検索にかかりやすいという難点)

    外部検索どんとこい!スクエニ社員さんどんとこーーーい!!(やけくそ


    というわけで、1話見ました。
    アニメ鋼2感想いきまーす!仕様は、アニメ鋼1感想と同じで!
    (まさかまたこういう風に書くことがあるとは・・・感慨深いわぁ・・・)

    アニメ第1話 鋼の錬金術師

    さて、アニメ1と、どうしても比べられてしまう、非業の運命を背負ったアニメ2が始まりました。
    スタッフは、ほぼ総入れ替え、だからこそ、私は期待する。
    前作とは違ったアニメを。
    監督の入江氏はだいぶ若い監督さんです。若さを爆発させた、素直なアニメを希望しています。

    ■とりあえず、 ここをご覧の方も、何人か叫んだと思う。とりあえず、全ての始まりの前に叫んでいいですか。
    最初の最初のOPのワンカット。

    若パパンここにきますかぁああああ!!

    やーこれはびっくりするよね!若パパンかっこいいよね!(ソコカ)
    昨日から叫びたかったの叫びたかったの!はーすっきりした。(笑)


    ■作画と動き
    文句ありません。さすがボンズと言わせてもらいたい。
    ちょーっと兄さんの顔が丸い気もするけど、方々のインタビューを見てみると、わざとらしいんですね。
    狙ってやったことに、文句は言わない。
    大佐の丸顔ぷりは、アニメ1より好きだったりする。
    大佐は、これくらいがいいです。

    キャラクターから、欝々しさがなくなったことは、超歓迎。
    アニメ1は、何かにつけて鬱々してたからねぇ・・・

    ■シナリオ
    今回は導入ということで、シナリオも何もないですけど。
    山ちゃん使い捨てはびっくり!今後ライラみたいに、復活があるかもしれませんが・・・ていうか、イシュ編には、間違いなく出てくるだろうし。
    だって山ちゃんだもん!

    でも、導入という点から見て、成功しているかどうかは謎。
    今回の話で、錬金術はどういうものか、あの世界がどういうものか、エドとアル、大佐がどういう人物か、まったく説明がなかった。

    大佐の「無能」の使い方は、正直最悪だったのではないか?
    大佐は「オレはつよいぞ!」ってかっこよく決めておいて、そのあとで「無能」って言わせたから人気が出た。
    そのギャップに価値があるキャラなのに。
    最初から無能だったら、ただのアホなおっさんですけど!(爆)

    今回の鋼は、マンガ、もしくは、アニメ1を見ていて、うっすらでも覚えていることが「前提」としての話だった気がする。
    まったくの新規さんはおいてけぼりだったんじゃないかな。
    少なくとも、大佐は「ただのアホなおっさん」です。

    ■エドとアル
    アニメ1には、ふたりの間に、鬱々しさが漂っていましたよね。
    人体錬成は、エドが一方的に悪くて、事あるごとに、エドがそれを呟いて鬱々・・・なんて。
    今回はそれがないようです。
    アルの手帳には、ちょっと笑ってしまいました。

    ■山ちゃん
    またここの管理人は、キャラの名前を覚えないつもりだよ!
    オリキャラの山ちゃん。(笑)
    マンガを読んでる人なら、この山ちゃんというキャラに込められたトリックがわかったと思う。
    山ちゃんの「この国のしようとしてることがわかっているのか」が、ものすごい重大な意味をもっていること。
    主人公は「知らねぇ」と何度も何度もつっぱねるのですが、それがこっちとしては、こそばゆい。
    この演出方法は一杯くわされた、って感じです。
    まぁ、マンガ未読の人には、このあたりさっぱりなんでしょうなぁ。それも「しめしめ」的な(笑)

    ■声
    声優さんには文句ないです。これと言って引っかかる方もいなかった。みんな上手かったしね。
    前作との声の違いも、さほど気にならなかったです。ラストは意外にもぴったりだと思いました。
    永遠の17歳が年をとらないキャラをやる運命なんだな、と。(笑)

    ■アイキャッチ
    そう!アニメ1で「なんでアイキャッチがないんじゃボケ!」って怒ったけど、今回は作ってくれました。(アイキャッチ好きなんです)
    でも、もうちょっとシンプルな方が好きだったなぁ・・・作品の雰囲気をね考えると・・・ニーナの話にもこのアイキャッチ、なの?
    話数ごとに変わってくれたりは、しないよねぇ?

    ■地震速報
    震度3程度だったから書くけど、目が点になった・・・
    荒川さんのご実家ジャストミートッ?!
    荒川さんもリアルタイムで見てたかなぁ。絶対( ゚Д゚)になったと思う。
    下手したら、どっかでネタにしかねん(笑)
    北海道も揺らす鋼の錬金術師は、今日から錬成開始!

    ■「地獄に一歩踏み出した」
    作中唯一ひっかかったのが、ここだった。
    これは、誰の何に対してのセリフだったのか、理解できなかった。
    エドとアルが、自分達が地獄に一歩踏み出しちゃったんだよ~へて★って言いたかったのか。
    そんな事言う山ちゃんを地獄に落としてやるぞコノヤロウ。だったのか。
    多分後者だと思うんだけど、じゃあなんでエドはそれほどまでにプッツンきたのか、理解できん。

    自分達のやったことを「禁忌」と言われて怒った・・・でも、それは本当のことでしょ?
    怒るなら怒るもいいけれど、それなら別の言葉があったと思うな「うるせぇ、お前に言われなくてもわかっとるわ!」とかね。
    アルのことを察しられて、そのことを言われたならなおさら。
    こういう言葉は、マンガのエドなら絶対言わないと思った。

    まぁ、どう見ても、悪役のセリフですから兄さん!1話目なんだから自重しろ、と(笑)

    ■OP/ED
    「シド」とういアーティストが発表される数週間前、私と弟は一緒に音楽ランキングを見ていました。
    そこの2位だか3位だかに「シド」という歌手が。
    とつ「最近のラインキングは全然わからんのぉ。シドって誰じゃ」
    弟「最近若い子の間で人気のバンドです」
    とつ「ふーん、シドって言ったらFFのシドだろ。紛らわしい名前つけやがって」
    弟「なんという偏見ww」
    とつ「でもこれで名前を覚えた。私も流行度が1上がった!」

    という会話をしたばっかりだったんですよ。
    だからそのあと「シド」って発表されたときはびっくりしたなぁ。
    なんという電波受信!!
    歌はけっこうよかったと思います。映像も文句なしです。ED映像は評価が分かれそう。
    私は、短い間ならよいけど、あれを1クールやられると、ものすごく飽きると思います。

    ■最初からクライマックス
    だったと思うね。今回は、制作側の「オーバーヒート気味な全力」だったと思う。
    それをひしひしと感じる映像となっていました。
    理由はいろいろあると思う。前作からのプレッシャーとか。
    力入りすぎて、若干作画面に硬さを感じた気がしないでもない。
    でも、それよりも気になるのは、・・・全力なのは、いいことなんです。
    でもね、これ、アニメシリーズなんですよ。
    全力疾走が出来る時間は長くはない。
    当面の問題は、制作側の力量コントロールだと思った。今回の映像を見て。

    アニメ1の水島監督は、そのコントロールがとても上手だったと聞きました。
    今監督の入江さんはどう考えてか。入江さんそのものも、オーバーヒートしてなければいいけど。
    今回の映像、とてもよかったけれど、だからこそ、今後の不安材料でもあると思いました。

    ■演出
    前アニメとコンテから演出から全然違うから、笑った。
    同じ作品を違うスタッフが作り直す作品なんてそんなにないからさ。今回ほとんど初めて自覚したよ。
    監督や演出家が違うと、こうなるのか・・・
    でも、カメラワーク(絵コンテ)は、前のほうが好きだったかもしれない。慣れかなぁ?
    でも、正直そう思ってしまった。

    今回入江監督がコンテ切ってるんだよねぇ。もし、このコンテが肌に合わないとすると、私にとって致命的なのが・・ドキドキ。

    あとアニメで噴出し使うとか、珍しいと思った。

    ■CM
    ガンガンCMは、アニメ1の頃を思うと、よすぎて、びっくりした。な、何?!CM会社変えたの?!これからもこの調子で頼みたい!

    ■総評
    昨日の一報をご覧になるとわかるかと思いますが、「とてもよかった」です。
    やー、新規さんが置いてけぼりの感じが気になるのですが。
    ひとつの30分アニメとしての出来は傑作に近かったと思います。
    アニメ1の最終回と同じくらいの傑作だと言ってもいい。

    少なくとも、ガンガンCM流して、宣伝した価値はあったし、アニメ1に引けをとらない出来だったと断言したい。
    (広告費まれに見る巨額がかかっていると思いますよ。多分腰ぬけるくらい)

    素直に、来週が楽しみだと思っています。

    昨日のイベント感想でちょっと書いたけど、正直「ホッとした」。
    どんだけ酷いものが上がってくるか・・・という覚悟があった。
    けどね、いいアニメじゃないですか。ほんと、ほっとしたよ・・・

    これから、長い旅が始まります。
    それをしっかりと認識してもらって、これからもよろしくお願いします、と今回は〆。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-943.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/943-a8546cbc
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。