スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • 今日はシャンバラの日でしたかそうですか・・・お誘い頂いたけど、リミット時間に、仕事が終わりました。
    みんな乙。遠方からも乙。


    んで、ふと気づいた。
    最近イッテキターとか、0系しょぼーんとか、鋼の話題触れてないねぇ。ぐはっ。
    というわけで、久しぶりに某さんのブログを見たら(最近鋼サイトすら行けてねぇ)、私と違うご意見が書いてあったので、「うおっ」と思った。

    アニメ鋼の脚本が優れているか否か、という話題で。(一度疲れた頭で読んだだけですので、真意は違うかもしれませんが、言葉だけを捕らえるとそんな感じ。←こんな読み方しかしてないんで、お名前は伏せさせて頂く)
    その方は「「優れた脚本」という私の評価はテレビアニメについてであって、「劇場版は、優れた脚本か?」と自問したら「否」でした」(まるっと無断引用)と書いていらっしゃった。

    うおぉお!!それって、私と逆かもしれん!!!と思ったので、書いてみる。

    私は、劇場版シナリオが凄くよいと思ってる。
    まず、シナリオでかかんとしたテーマが凄くいい。近年まれに見るよいテーマを扱ってる点が、評価が高いひとつ。んで、これは他の誰でもない、I川さんの力かな、と。

    んで、もうひとつ言うならば、I川の深い深い思いが爆発した、難解で、多分べらぼうに長かったお話を割りとわかりやすく、短く、さほど矛盾することもなく、きちんとした起承転結の形に仕上げたこと。
    推敲っていうのか? やっぱプロのお仕事だよねぇ。あの仕事っぷりには、たとえ私が鼻からスパゲティ食べながら町内一周しても、かなわないなぁと思った。

    んで、これはI川さんのプロとしての腕前もあったろうが、何より水島監督の手腕によるところが大きいと思う。
    真実は知らないけど、映画鋼見てて、なんとなくそう思ったよ。


    対してアニメ鋼。
    あ、うん。悪くないんだけどね。少々中だるみとかもしたけど、それも許容範囲だったし。(「許容範囲」と言っていますが、1年というスパンで中だるみが「少々」ですむって、めちゃくちゃ凄いことなんですよ?)

    でも、私は数点、今でも理解できないことがある。大きな一点は、最終回近く、エド(アルも?)を殺して、生き返らせたこと。

    ・・・。

    アウトです。

    どんだけ、言い訳しても、これだけはアウトです。
    で、このアウト~!!が、アニメ鋼の核をもアウトにするくらい大きなアウトだと思ってる。
    「マンガ鋼の核」へのアウト、じゃないよ。
    己がやってきたであろうはずの「アニメ鋼の核」ですよ。

    未だに、なんであんな展開にしたのか、理解に苦しむ。

    15歳の少年物語、というところにおいては、なかなかよいと思うんだけどね。
    でも、そこも、「これは成長物語?」と問われたらかなり疑問に思う。
    少年の成長ってよりは、もっと小さな「ひとつだけ大人の階段上ったような気がしないでもない」てな感じかなぁって思う。
    感想でよく「FFぽい」「I川そのままFFチームに来い」なんて口にしてたんだけど、そういう意味で、アニメ鋼は「FF8」に酷似してると思う。
    「作中主人公はあんまり成長してない。でも、作中に色々なことに気づいた。この話はそういう話。これから主人公は成長していくだろう、きっとね。」
    って「FF8」の感想だけど、これが、結構あてはまる、アニメ鋼だった気がする。


    だからね、大人になったエド(アルを諭すエド、あれは間違いなく大人、でした)が見られる映画が「デザート」という位置なんだと思うのよね。


    で、それって、もしかしたらI川が狙ってやってことかもしれない?と最近過剰評価気味に思ったりしてみる。
    「赤い目が怖い」エドにそう言わせたのは、視聴者に考えて欲しかったから。これはどっかで言ってたし、見るからにそうだった。
    でも、そうじゃなくて、作品全体で、視聴者の無意識下にも、「気づく」種を植えたのではないか。

    「色々なことに気づいた。」主人公の立場をそこに留まらせたのは、視聴者の少年少女にも「気づいて」もらいたかったのかな、って。
    そして、そこから自分で考えて、自分なりの答えを見つけて、「自分の階段」を上ってもらいたかったのかもって・・・

    ・・・もしも、そうだとするならば・・・そして、それが成功しているのだとしたら。
    こういうことが出来る作家さん、今、日本に数人もいないと思う。正直。
    I川恐ろしい子!!


    って、私が語りたいのは、荒川さんのマンガ鋼についてのことだったのに・・・今日もまた、アニメについて語ってしまったのでした・・・


    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-878.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/878-eac556d8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本