スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017 . 07
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    鋼20巻感想!!

    扉絵のエンビが、迫力あってよかったなぁ。
    今回の扉絵、凄く好きかも。
    ところで、このエンビの絵って、スクエニ側から、何か提案があったのかな?
    FFのラスボスを彷彿とさせて、私なんかは、凄く懐かしくなるデザインなんですが。

    そして、懐かしいといえば、もうこれ、表紙の尻の錬金術師!!!

    私、嬉しくなっちゃった、嬉しくなっちゃった!!! つやっとした感触、あの「キュッ」と上がるたくましい動き、ガンガンが大傑作、

    「ただし魔法は尻から出る!」
    ではないですかッ!!


    もちろん、これをやるキャラはオヤジなんですよね、荒川さん?!

    面白おかしく楽しく考えてる様が目に浮かぶ。
    本当に嬉しくなっちゃうな。

    参考
    「ただし魔法は尻から出る:荒川さんのマンガ家の師、衛藤氏の「魔方陣グルグル」に出てくるギャグ。そのシュールさから伝説の名ギャグになり、今でもネットで色々なネタに使われています。」

    今回の表紙に関しては、マンガ家、荒川弘を育てた師、衛藤ヒロユキ氏にも敬礼ッ!

    (/・_・)「ただし魔法は尻から出る!」敬礼!


    あー・・・鋼の錬成陣から魔法が出るっていうアイディアも、グルグルの影響があるかもしれないねぇ。


    たまには真面目に。
    20巻、見所は、ウィンリィの乳の谷間を流れる湯です。あの一滴がもう、エロ(全然真面目じゃないな・・・)

    で、あそこで描写されるロゼとあの町の描写。
    凄く凄く凄く、嬉しいよね、救われるよね。
    ロゼのクローゼット見た?ちゃんと服入ってるんだよ。かわいい服、入ってるんだ。
    街も、活気ある風に書かれている。
    実際、エルリック兄弟のせいで街がボロボロになったと言う人はいるだろう。
    「少なくとも俺はそう思っている」というおっちゃんのセリフから、それは想像できる。

    だけど、それは読者の想像することであり、作中には描かれない。
    齢14,5歳の子どもを、「大人の世界を崩した」という大人の理屈で責める人はいない。
    ましてや、彼らは、「不正を暴いた」んだ。
    そういう世界を描く人なんだよねぇ、荒川さんって。

    そして、その許しに、主人公が甘んじないのが、鋼らしいと思う。
    グッと握るアルの手には、どれほどの力が入っていたことだろう。
    彼の大きくも小さな胸は、自らが起こした大きな事実に、打ちのめされる寸前。
    でも、逃げない、ちゃんと前を向いて、自分のやるべきことを見つけるアルが素敵です。

    傷ついた街と責めない大人。だけど責任を感じる主人公。
    鋼(荒川さん)って、このあたりのバランス感覚がいいよねぇ。
    どっちに偏るでもない、登場人物の誰もが、いつも健全であろうとしている。


    2ちゃんねるで昔「自分は、作者がどーのこーのとか興味ねぇ。作者信者きめぇ。鋼が「正しい」とも思わない。だが、鋼を読んでると、作者は健全な精神を持ってるな、とは思う」って書かれていて、その「健全」って言葉が、荒川さんにはぴったりだなって思ったことがある。

    多分、絶妙なバランス感覚の部分が、健全だと捕らえられるんだと思う。


    不思議だねぇ、滑稽だねぇ。
    日本には、内戦も、暴動もないのに、私は時々アメストリスという国が、羨ましくて眩しい時があるよ。
    私ね、こういう時代だからこそ、マンガには、こういう健全さを求めたいなぁと思うんだ。



    次に、特筆したいのは、中尉と大総統の会話。
    刺すか刺されるかの中、この会話は深いと思う。

    中尉は、自分よりも圧倒的に力の強いホムクルなのに、決して引いていない。
    「あなたは愚か者の人間を影で笑っているのではないか」と穏やかに言いながら、実は、人間には信じるべき家族や仲間がいて、それを持たぬホムクルこそ悲しい存在だと、攻撃しているのよね。
    攻撃、いや、半分は、愛する人のいる彼女の人としての本音。(愛する人=恋人の意ではないです)

    彼女は多分、ホムクルである大総統は反論できないと思っていた。
    だから、それに反論してきた大総統に驚いたんだね。(負けず嫌い大総統がちょっとカワイイvV)

    ホムクル(大総統)も、心がないわけではない。グリードがあまりにはっきり描かれていて霞むけど、他のホムクル達も、みな、自分を持ち、生きている。
    そのことって鋼の未来にとって、とても重要なことだと思う。

    このシーンはちょっとしたエピソードだけど、ここで描かれたことは、今後に大きく関わってくると思う。




    82話扉の兄さんがカッコ可愛くて好きです!
    あんな兄さんならがっつり取り合うよ!!
    ウフフフフ!

    兄さん、本当は女にもてたいんだもんね。早くそんな普通の生活が出来ればよいよ。
    うううー、本当は夢小説書きたくてしょうがないんだよぉ!!!
    モテモテ兄さん書きたいんだよぉ・・・!!!

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-764.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/764-aad0b8b5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。