スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • 心が参っています。
    ガンガンも結局買ってないです。
    ご飯もあんまり食べてないです。
    メールの返信もできません。(すさんでるから)
    今日は久しぶりにネットに上がった気がします。
    周囲に色々弱音を吐いてしまったり・・・

    今年の新年ものっそ不調。ううう、早く春よ来い!

    そうそう、夜もあんまり寝てないです。
    エロゲしてて・・・


    エロゲする元気はあるんかいっ!(←一人ツッコミ


    そういうわけで、今日は前半エロゲ発AIRテレビアニメ(全年齢対象)の感想と、後半R18乙女ゲの感想。

    TVアニメAIR。
    話。
    薄々気づいてはいたが、ケイタイ小説ぽい。すさまじく。
    泣ける話という評価は嘘ではないが「物語に感動」とかそういう部類ではないなぁ。
    原作がエロゲってことで、どうしてもお話の無理があるし。(ゲームのアニメ化ってものすごく難しいんですよ)
    さらに、原作を12話(+)にしているので、ものすごい駆け足。原作ファンはどうなんだろ・・・
    オタクウケを狙っているのか、話が難解。
    テレビ鋼も、難解&伏線多いけど、それとはまた違う難解。
    ある意味エヴァっぽいというのか。最終回は、ハマっていなければ、テラ意味がワカラナサス。

    ただ、伏線の張り方→回収がすごくよかった。
    あああ、そう回収しますか?!って何度もなる。
    アニメは原作を超スピードで縮めたのだろうと思われる。かなり濃密。
    アニメにおいて余計なシーンはほとんどない。この緻密さは、鋼は遠く及ばず。天下一品の域に達していると思います。

    意外に、ギャグが多いのはびっくりしました。1つの話に必ず「ブホッ」となるシーンがあります。このバランスはすごく好き。

    キャラ。
    ギャルゲのキャラ。いい意味でも悪い意味でもその一言。「みすずちんピンチ」とかピンクの声でのたまったときには、テレビかち割るかと思った(苦笑
    でも、だんだんそれになれてくるから、人間の適応能力ってすごいです。

    絵。
    一番の見所。キャラデザがアレだし、苦手な方もいらっしゃると思うんだが、動きやしぐさがもう、ありえないくらいすばらしいです。
    特に表情。キャラデザに嫌悪する人も、表情に注目したらいいと思う。すばらしいわ。
    CGも結構使われていて、小道具が妙にリアルだったりするのは笑えます。
    本作の重要なキーである、海、空、雲の表現は芸術を思わせるデキです。

    声。
    エロゲつながり(らしい)で、有名声優さんが、少女Aとかでヒトコト出演しててワロス。

    総評。
    鋼と同じく制作者に恵まれた作品だと思います。
    「見た目」だけで拒否するのは、もったいないかも。
    絵や、大まかなストーリーはバツグンにいいので、見て損することはない。
    短いし気軽に見るのはいいんじゃないかな。
    解釈がいる難解な物語でもありますが、見て、ハマった時に初めてあれこれ考えればいいです。

    物語の大きなテーマは「家族の情景」かな。(エロゲなのに・・・このあたりゲームはどうバランスとってるんだろう・・・)
    家族な話が好きな人には、強くオススメしておきます。
    最後に、曲もいいことを一筆書いとく。
    世間的には、曲の知名度がすごいけど、そのとおりすばらしい出来です。
    久石を意識した曲もあります。OP歌も秀逸です。

    劇場版もレンタルされているし、(私の)心が回復した時に、次は劇場版にトライします。


    次は、某R18執事エロゲを一通りクリアしたお話。
    18歳未満の方はスルーでお願いします。

    やって一番思ったのが、
    声優すげぇwww

    でした。
    女性も、男性も、あの声は素人には超無理。
    改めて、声優の仕事のすごさを知りました。
    やっぱり一度はやってよかった・・・またひとつ、この仕事の奥深さを知りました。
    エロに興味ない方も、18歳以上なら一度は何かのエロゲ(エロアニメでもいいわ)オススメしとく。
    (ほら、エロマンガは上手い人じゃないと描けないというのと一緒)

    エロに関してはぬるいと思う。(比較対象がないのでわからんが)
    まぁ、女性向けだしね・・・追加ディスクはエロ目的ならいらない。
    他、エロに特記することもなく。
    ゲーマーの血が騒ぐので普通にゲームレビューいきます。

    シナリオ。
    全体的な流れがすごくよかったと思う。
    キャラ設定や導入部(突如拉致)は体験版と変わらず「ありえない」けども。
    最初は、お嬢様な生活におけるマナーの勉強
    それができたら、今度は社交界の勉強・・・
    この流れは、「なるほど」と思いました。

    キャラのシナリオでは、関西弁が一番よくできていたと思います。興味なくても、こいつは戦っておいたらいい(戦い?)
    執事ゲーとしての超王道は緑なんだろうけどさ。やっぱりちょっと無理が見えたし、ヒネリもないし、オチも見え見えだし、物語としては、ないに等しい。少し残念だった。

    ゲームシステム。
    途中までオートスキップ機能に気づかず、ひたすらクリックしまくってました。(爆
    スキップ使うと、やりこみ度にもよるけど、1ルート2時間くらいでクリアできるので、笑った。

    ただ、このゲーム、ゲームそのものがサウンドノベルなのはどうか。
    うっかりヒロインに「真理とヒグマ」ってつけそうになりました(わかる人は爆笑するところ)
    ネット情報によると、ノベルっぽさってのはこの会社の特徴らしいです。が、これは「ぽさ」
    を通り越してるでしょう。これ、サウンドノベルですよ? 譲ってもヤるドラ。(言いえて妙だ!)

    せっかくありえないお嬢様生活なんだから、その辺何か楽しみがあったらええのに、と思いました。
    ヒロイン(主人公)が一貫して「庶民」の姿勢を崩さないので、そのあたりが、もやもや。
    もっとこう・・・「靴をおなめ!」な展開があってもよかったかと思われます。
    ナイトモードで多少追加された分もありますが、何しろ量が少なすぎ。
    一度くらいは「パンがなければケーキを」を言ってみたかったです。(笑)

    でも、そもそもエロゲにエロ以外を求めるのは、非常に酷、むしろ邪魔だと思いますので色々本気で思っているわけではないです(笑

    声。
    大きな声で言ってはいけないのかもしれないけれど。

    これがこのゲームの存在意義。

    追加ディスク
    これ、なんだか酷評されているようですが、追加と思って買ったら、そりゃ怒ると思います。
    薄すぎる。これに、たとえば別売されてる歌とか、ドラマCDとか(めっちゃでてるんでビビった)、一緒に収録して始めて商品として成り立ったんじゃないかと思うくらいヒドイできです。

    でも、緑目的なら、絶対買って聞くべきだ。(多くは語らない

    総評。

    緑はすごい。
    少女マンガのエロは直接描写がない分、色々変換されてて、ワラう。
    やはり私は普通の気持ち(?)で乙女ゲをやるのは、無理だと知りました。
    それこそ今度「真理とヒグマ」でやろうかな・・・
    (後日談:やろうと思ったが、字数制限にひっかかった)


    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-649.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/649-0d242293
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本