スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • ガンガン買えなかった・・・_| ̄|○

    ところで正月にごくせんやってましたよね?
    1年にも書いたが、音楽がもろ鋼と同じなので、いつも聞き入ってしまいます。
    (ごくせんのBGM、鋼と感じが似てると思うのは私だけ?もちろん同じミチルさん!)
    でも、ごくせんと鋼が同じテイストってことに笑っていまいます。
    ミチルの中では鋼とごくせんって同じテーマなのか・・・!!!
    そう思うと、何かヤンキー先生なエドやアルや大佐が思い描けてむっちゃ笑いました。

    で今日は感動した話。


    歌猫Blogさんの、シリア計画は一度ご紹介させていただいておりますが、再び。

    まったく関与していないとつが勝手に語るシリア計画の大体:シリアの大学生が鋼に興味を持っている→アニメはあるがマンガがない→ないのなら送ればいい!救世主(と書いてメシアと読む)歌猫がマンガ送る→シリア喜ぶ→日本の私たちもうれしい)

    そうしたら、これまたうれしい事に感想が送られてきたそうです。(歌猫Blogさんの2007年12月21日参照)
    歌猫さんの訳や、辞書でもよろしいのですが、それをカナダのMCさんが翻訳されていらっしゃいました。

    Full Metal Alchemist DetoxさんのSaturday, January 12, 2008の記事です。


    感 動 し た !

    小泉の言葉を借りて「感動した」と言わせて。
    たった一冊の本が、これほど喜びを与えてくれるなんて。

    『世界を変えるのは、政治じゃない。それは時に一曲の歌だったり、本だったりするもんなんだ』

    ある人の言葉が、真実味を持って私に迫りました。
    シリア計画は、別に世界平和など念頭になく「あなたも私もハッピー!」な為だけに計画されていると思います。
    これは、ただ萌えたい為だけの、小さな小さな一滴です。

    だけど、私の中では確実に、シリアという国の印象が変わりました。
    正直、このシリア計画を知るまでは怖いな、と思っていました。
    それは恐ろしいという怖いじゃなく。何も知らない怖さ。
    だって、シリアの正確な位置を地図で示せなんて言われたってできなかった。私は。(アホですまん)
    何を食べて、何をみて、何を信じて、何を話してなど、どれも知らない。

    シリアについて考えろって言われたら、
    なんとなくトルコのほう。きっとテロとかもあるに違いない!海外旅行とかできないにちがいない!怖っこわー!!

    ぐらいでしたよ!そうですよ!(アホですまん。二回目)

    私が最初にシリアで鋼が知られてると思っても、コンタクトを取ろうとは思わなかったと思います。
    やっぱり「怖い」から。なんて書いていいかわからないし、私の無知の言葉で、傷つけるかもしれないから。

    確かに、外務省によると、治安は、とっても安全★気軽に旅行な雰囲気ではないようです。
    (外務省海外安全ホームページ参照)

    それでも、今はもう、当初の「怖い」はまったくない。

    かの地には、鋼を読んで、面白いと思ってくれている人がいる。
    鋼ファンとして、その変化は伊達じゃない。
    「鋼が読みたい」と思ってくれていた人に、鋼が届き、面白いと思ってくれた事実。
    荒川ファンにとって、これほどの喜びは、他にはないのです。


    私は、これからもシリアで鋼を全力で応援したいと思います。
    いんや、きっといつか世界で鋼計画と言いたいかも。
    その野望はとまりそうにありません。




    シリアの感想を読んだ感想
    意外だったのが宗教関連のことが、割と受け入れられていたこと。
    私は下手したら黒塗りみたいなのが入るかと思ってた。(どっかで十字架が消されていたりあったよね)
    もしくは、読み手で、「これはあかん」と思われるかと。

    だけど、多くが、宗教上、賛同できない部分もあるが、それはそれで、面白い、と書いていらっしゃったことです。
    普通に「あーそうなんだー」と思った。
    これは・・・報道ではわからない、シリアの学生の価値観が見えて、とても新鮮でした。
    それと、エドの身長のギャグは、世界に通じるんだ!!と爆笑。
    エド、不憫ッ!





    鋼国際化のネタついで。シリアで鋼にはまったく関係ない話
    前に、郵便局でぶちまけたパンツは、MCさんあてでした。
    その中に、京都で買ったちりめんのポーチを入れました。なぜなら、その店に英語のちりめんに関するパンフが置いてあったからです。
    MCさんからの「届いた~」メールに「ちりめんってシルクなんですね」的ことが書かれていてびっくりしました。

    えーーーー!!
    ちりめんが絹だなんて知らなかったよーーーーーー!!!

    ほんとアホですいません。
    海外に触れると、不思議なことに日本の姿が見えてきます。(初海外のときに強く感じた)
    世界を知ろうとすればするほど、きっと日本の知識が求められる。

    まずは、着物、着てみるかな・・・
    実は浴衣含む着物類を7歳以来着たことない(←これもMCさんに驚かれた)
    浴衣も持ってないのは、多分日本人でも少し驚かれると思うが、とにかく持ってない。

    着物つながり一言
    今年度成人だった方、ご成人おめでとうこざいます!

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-646.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/646-e957f1c2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本