スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017 . 10
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    獣、鋼からのだめまで。

    まずは獣。
    一話、また時間ずれてて半分しか見れなかった。
    ガンガンCMで、朴さん出演してた・・・!!!
    あひゃー!!シャンバラの時がはじめてだとばっかり。
    私、どんだけ獣見てなかったんだって話だ(笑)

    ってCMより内容ね。
    相変わらず、_| ̄|○と、ものすごく批判することはない。
    作画だって一部の鋼サイトさんが言ってるほど悪くないと思う。
    鋼にはまるとどうしても目が肥えるからねぇ。たとえばアクションの中村絵になれたら、そりゃ、ねぇ・・・あれと比べるのは、あまりにも酷というものでしょう。(苦笑)

    ただ、ここまでくると、キャラクターの表情が若干硬いのが気になる。
    これ、荒川マンガのほうにも言えるんだけどさ・・・2巻は多分改善されていると思うんだけど(ボソ←あんまり言いたくないけど)
    もうちょっと生き生きとした表情をつけることができたら、数倍見た目が違ってくると思います。

    もうひとつ、これはアニメ獣の作画に言いたいこと。
    料理はもうちょっと美味しそうに描け。(荒川さんはさすがです)
    超がんがれ、作画担当!荒川弘!

    やっとふとももが出てきました。
    方向音痴君と恋人同士だったのが、目が点になりました。もうそんな仲だったの・・・

    ものすごくあっさり皇帝と主人公君が出会ってたので笑う。
    映画鋼でエドが簡単に銃を持って「あんなに簡単に持って欲しくなかったもーアニメのバカ!」とか言ったらその後、原作エドが普通に「パーン」とか撃ったんで笑った、そんな感じの笑い。(笑)

    いや、もうちょっと、こう、ね。何か欲しかった気がしないでもない。
    一応「皇帝倒す」的ことを目標にしてたんじゃなかったっけ。

    しかし、気になったのは、皇帝と主人公君は「よく似ている」という設定。
    ふーん。
    今後「実は生き別れの兄弟」とかいう設定でてきたりしてな。
    アハハ、まさかな。

    ・・・。

    ・・・え、まさか!
    今ふいに思いついただけなんだけど、本当にそうだったらどうしよう・・・
    気弱皇帝君には、今後も物語りに絡む匂いはするが・・・まさか、そんなガッチガチのオチだったらイヤすぎる。

    そうそう、荒川さん、ついに作画監督されたのですね。

    ただし牛専用!

    これぞ

    ど ん だ け ~ !

    と、画面に向かって叫んでしまった。
    やっぱりこの人には、天地がひっくり返ってもついていこうと思いました。
    次、ケロロ。ほぼ半年分たまってた。
    獣もケロロも倍速視聴してたんだけど、それでもすごい時間かかった・・・
    でも、このアニメは相変わらず面白い。すばらしいね。
    特に私は純情で素直になれない恋する少年が好きなので、ギロ夏が好み。
    ギロロネタは結構数が多くて、堪能させて頂きました。

    あらしのよるにも消化。
    ねこはしる?かと思ったら、のほほんとするようなEDだったので、とてもさわやかな視聴感を得ました。
    こういう素直なアニメ、最近はあまり見ないから、とても懐かしい気がしました。
    よい感じに、童心に帰る、そんな素敵な映画でした。

    のだめスペシャル
    相変わらず、非の打ち所がないくらい面白いドラマでした。
    あ、いや、後半はちょっとつめこみすぎかな・・・という感じがしましたが。
    のだめリサイタルへの努力にあまり時間がとられなかったのが残念。
    三部編成くらいが希望だった、ここまでやるなら。
    それと、第二部の最後が、テレビシリーズの最終回のオチと同じだったのが、ちょっと。
    あれ削って、のだめリサイタルで終わりにすればよかったのに。

    のだめの言葉遣いはいい意味でも悪い意味でもあんなんって感じだったけど、千秋役の玉木はとても演技の質を上げたように思います。
    私が好きだったのは、のだめがアニメ見続けて、フランス語をしゃべれるようになったくだり。
    「お前って結構すごいよな」と。
    ここ削られてなくて本当によかった・・・

    第一部は、文句なし。すばらしい。

    鋼をありがとう!!!

    あんなに大きく取り扱われてるなんて。ちゃんとアームストロング少佐ぬいぐるみを抱いててくれたのが特に。
    それと、壁に立てかけられていたフィギュアが日本製じゃなくて、外国販売製仕様だったことがグッジョブすぎでした。細かいっ!

    よつばとファンも乱舞したに違いない(笑)
    鋼コスプレの人も結構いましたねぇ。ハァハァしましたよ。

    それから、なんと言っても片平役のアリキリ石井ちゃん!!
    原作の片平がもう石井ちゃんをモデルにしたんではないか?という状況だから、石井ちゃんきた瞬間万歳三唱しました。
    鋼でたとえるなら、ヨキにおける西村雅彦的だもんね、片平de石井ったら。
    ありがとう、ドラマスタッフ!

    あー、でも耐空時間の演出は、どうせならCG使ってもっとど派手にばびゅーんって飛ばしたら、面白かったと思うな。
    千秋がのだめ投げる時みたく。それこそ汗とかきらきら光らせて、輝かしいばかりの跳躍を(笑)
    次があるなら、それ希望です。ますますアホドラマになっていくけどな!(笑)






    あ~、鋼のヨキにおける西村雅彦がどんだけすばらしいナイスキャスティングなのか、海外の鋼ファンはわからないんですよね・・・か、かわいそう・・・

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-643.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/643-58aebdb7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。