スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017 . 07
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    今日は追悼展です。
    大事な日だったのに、寝 坊 し ま し た !

    あたしありえない・・・_| ̄|○

    追悼展ならびに、シャンバラの観覧には間に合いました。
    あやかしには間に合いませんでした。
    ごめん逢坂さん・・・

    メッセージだけはどうしても残したかったんで、あやかしよりそっちを選びました。(時間的に書くのでいっぱい)
    そしたら、真正面にブロガーのRさんMさんがいたんですが、5分以上、さっぱり気づきませんでした。(お互いに。笑)

    ポストカードもらえました。
    071209.jpg



    それからシャンバラ→ファミレスで反省会(?????)コースで。
    上映会にいた顔なじみは、私をいれて、7人。風邪引きの多い中、なかなかの人数ではないでしょうか。
    上映会場そのものには、50人くらい?
    でも、もうすぐ閉館だというのに、展示品のところには、たくさんの人がいました。(というか溢れてた)
    杉並ミュージアムがあれほど混んだのは、もしや初めてのことではなかろうか・・・

    追悼最終上映がシャンバラ、だったのはどうしてなんだろう。
    総監督でも、キャラデザでもない。逢坂氏にとっては、代表作にはなりにくい。
    (追悼ボードで、鋼キャラを描いている人は、いなかったように思う)

    今日のシャンバラは、エドの言葉が身にしみました。
    そうだ、だから、シャンバラだったんだよね。




    鋼で当たって、儲かったボンズ。
    そのおかげで、やっと念願のオリジナル単体アニメ映画の製作ができた。
    (ビパップもあるっちゃあるけど・・・)
    成長の証、目標、悲願だったと思う。
    ボンズをつくり、育て、自らも成長しながら、その公開を待たずに逝くことになるとは。
    最後の作品が、打ち切り作品になってしまったこととあわせて、
    本人の無念さを思うと、言葉になりません。唇に血がにじむ。


    ファミレスの会でも少し話題になっていたんだけど・・・
    お仕事、お忙しかったんだよね。
    亡くなった経緯が、少し書かれていたんだけど、あやかしが終わった春に体調崩して、自宅にて療養・・・で、秋に亡くなっているわけだから・・・
    どう考えても、間が短い。
    (ここから私の妄想→)多分もっと前から、少し体調悪かった。でも病院に行く暇がなかった。

    アニメーターの労働環境は、劣悪だと噂です。
    まだ育ち盛りの子供達を残して、去らねばならない、仕事なんて仕事じゃない。
    一刻も早く、アニメ制作のシステムを改善する必要があるのではないでしょうか。


    解散後は、中野に行くというSさんにくっついて、中野行ってきました。

    こ こ が オ レ 達 の 世 界 だ ! ! !

    と、真に思う。
    で、さっき別れたはずのMさんとばったり会ったり。
    同人見てて素敵な表紙を見つけたので「この人の絵うめぇなぁ。兄さんカッコヨシ」とか萌えて裏表紙見たら、さっき会っていた方の本だったり。
    すぐにわからなくてごめんなさい・・・
    まぁ、そんな感じで再会を果たし、いつ解散したんだか、色々とわからない状態に。(笑)

    あと、帰り、電車間違って乗った(反対方向に乗った)こともどさくさにまぎれて書いておこうかね。(爆)





    は~、とりあえず、今日で一応逢坂さんのことは一区切り。
    当初は、驚きのあまり、冥福すら思う余裕もなかった。マジで。
    だけど、改めて逢坂さんが残してくれたものを見ると、なかなか歴史に残る品ばかり。
    いつでも、見たいときに、きっと触れられる。これからも変わらずにね。
    Vガン、Gガン・・・まだ見てない、あやかしはいつか見たい。


    改めて、心より哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りしたいと思います。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-620.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/620-6e6c575c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。