スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 09
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    明日ママンが帰ってくるそーだが、やばい。今私の部屋は、同人とか同人とか同人とかエドパンツとかが散乱してる。
    ・・・ヤバイ。

    昨日は帰りにガンガン買えましたようやく・・・感想はまたゆっくり。

    それと、ずっと気になってた「ミミズクと夜の王」が買えました。 第13回電撃小説大賞・・・ラノベなのに、いわゆる「ラノベ」とはかけ離れた装丁に、逆にやられました。
    約10年ぶりに「ラノベ」のお買い上げ。
    現在5分の1読了。・・・の感想。
    「私を食べて」・・・私を殺して、とそれだけを願う少女と魔物の王の物語。
    いい感じに壊れてる。
    なんとなく、アレに似てるな、アンデルセンの「絵のない絵本」。
    息遣いさえしない、静寂の月、闇夜。その空気が似てる。
    ラノベというより、長い詩を読んでいるようです。
    もっとも、絵のない絵本より5倍ダークではあるが。

    ただ、スゴイ共感するところは、作者のあとがき。
    (実は、私、本をうしろから読みます。大抵、あとがき→本文「起」→「結」→「承」→「転」→「結」→あとがきの順です。うっかり「結」を一番初めに読むことも。)

    「祈りの先にあるものは」そんな副題がついたあとがきは、本編に似せて、まるで闇夜の呟きのよう。
    うん、こういうあとがきが書ける人は、今後も作家としてやっていける。(と思う)


    「私安い話が書きたいのよ、」

    いいねぇ、堂々と、本当にそれが書ける人は、ホンモノだよ。

    さて、私にとっては、どう転ぶかな・・・まだ判断しかねるな。

    この表紙を見よ!電撃もたまにはヤルな!
    ミミズクと夜の王

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-384.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/384-b69dba2a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。