スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • 今日の仕事は修羅場でした・・・明日も修羅場、明後日も修羅場。
    今日はさすがにキレて、私の牛USBを投げつけました(パソに)。
    今週過ぎたら、ちょっとは楽になるかな・・・(希望的憶測)

    そんな修羅場がくるのわかっていたのに、昨日は、某Yさんと午前2時まで長電話。
    どうも、某Yさんは、私のいないところで、私の悪口を言ったらしく。
    それを聞いた方に

    相手:ねぇ、Yさんてとつさんと一緒にいて楽しいの?
    とか。
    相手:ねぇ、もしかして、とつさんにパシられてるんじゃないの?

    とか、心配されたそうです。

    Y:というわけで、とつさんの心象は悪くなりますた。
    と:ちょwwwwヒドスwwww
    Y:だって。(ニヤニヤ)

    と、某Yさんは、いやらしく笑っただけでした。
    どうしてそんなことをしたのか聞くと。

    Y:だってとつさん、私のこと嫌いみたいだし。
    と:いや、そんなことヒトコトも言ってないし。
    Y:だってとつさん、相談乗ってくれないし。
    と:いや、私に相談するのは、間違ってるって、今まで耳タコで言ってきたし。(私は人の人生相談には乗らないタイプです)
    Y:だって、とつさん、(某事件は)私の勘違い言うし。
    と:それは覚えてません。しかし、そもそも、某事件のことなんて、説明されてないし。

    Y:だって、
    言っても理解してくれないかなーとか思ったから、言わなかった。


    と:・・・。
    Y:ウフフ。

    というわけで、私は、何も聞いてない。のに、アドバイスできるわけがなかろうが!オレは超能力者じゃない。

    理 不 尽 ッ !

    と、声を大にして、叫んでみる。
    そこは言いなさい。理解するかどうかは保障しない(というか、理解しない可能性は大だ)が、説明する努力をしなさい、と、某Yさんの悪いところをたんまり叱っておきました。
    うむ、スッキリ。(私が)

    それと、件の某アニメをYさんはリアルタイムで少し見ていたそうで。
    と:あれいいよなー素晴らしかったな。
    Y:そうかなぁ・・・
    と:見とけ。もう一度見とけ。
    Y:だって、あれ、痛かったもん。

    と某Yさんが口走ったために、私はまた15分ほど、熱く語って差し上げました。

    と:そう!それ、あのアニメの凄いところは、「痛み」を描いたところなのよ、それこそ正面から。
    敵が狙ってんのは、世界じゃない、主人公の生活そのもので、生活のソレを破壊しようとする。(または破壊した)視聴率がそこそこあったのに、玩具が売れなかったのは、子どもがついていけなかったからだよ。だって怖いもん。大人の私でさえ、「怖い」と思うシーンあったもん。子どもは下手したらトラウマだよ。
    主人公(女の子!)も、時に泣き叫び、「死にたくない」と喚く。だけどだけど、周りに支えられて、その人たちを守るため、立ち上がる。何度も何度も。最後にゃ(以下略

    そういうワケで3時間。
    私もまだまだ元気だなぁと思った丑三つ時でした。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-374.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/374-a07d65f0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本