スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • 世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト201!を買った。
    1位がショーシャンク。うーん、オタクが選んだというより無難な結果か。
    でも、レビューを読んでいて、ふと。
    鋼を見だしてから、よくこの映画を思い出す理由が少しわかった気がしました。
    この映画、鋼によく似てるんだ。マンガ、アニメ、映画、どの鋼にも。

    ストーリーは全然違うけれど、核が似てる。

    たぶん、サイトの日記でしてきた洋画の話で、一番名前が挙がってるのが、この映画です。
    それはただ単に、私が好きな映画だからだと思ってました。
    でも、きっとそうじゃなかったんだ。

    以下、この本のショーシャンク批評の抜粋です。

    「『ショーシャンクの空に』はあなたに希望を与えてくれる―進み続けていいんだ、前進していいんだ、と」
    「観ている人の共感を呼ぶパーソナルな映画で、だから個人的なお気に入り映画と呼びたくなるんだよ。ひとりの人間、つまり自分のために作られた映画のような気がしてくるから」(この批評すげぇ上手い!)
    「痛いくらいに美しい映画」
    「人間の精神力をテーマにしたファンタスティックな物語」
    「人々にこれだけ大きな影響を与えてきたのは、この映画のスピリットと内側にある希望が、大きく関係していると思う。長い時間をかければ、大きな目的を実現することができる、粘り強さは報われる、っていう希望。僕たちみんな、自分自身の"シウアタネホ"(将来の夢)を探しているのかもしれない、」


    ね、ね。読めば読むほど、なんか、鋼の批評っぽくね? 
    全然別物だと思っていたものが、なんとなく繋がってた。ちょっとだけ笑っちゃいます。
    それとも、私の脳内が鋼末期なのかしらん・・・


    世界の映画オタクが選んだ史上最高の映画ベスト201 ! Cut (カット) 別冊 2007年 01月号 [雑誌] ショーシャンクの空に

    小中学生には、多少キツいお話ですが、この映画は本当にいい映画です。
    ぜひ一度ごらんあれ。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-298.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/298-f5cbcb86
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本