スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • ずーーーっと、夢見ていたことがあります。

    荒川弘原画展、やってくれないかな・・・

    って。

    そんなわけで、2017年10月2日現在、
    東京ドームシティで、

    鋼の錬金術師原画展開催中です!!!!

    行きました?ねぇ、行きました?!

    私、内覧会に行きましたよおおおおおおお!!
    (しかも、朝イチと、夕方、二度も(笑))

    今ここを見ている人、また、ここにたどり着いた人は行った方が多いに違いない。

    素晴らしかったですねぇ、泣いちゃいましたね!


    荒川さんの原画展は、本屋やアルスラーンの時に青山のギャラリーでありましたが、
    いやはやいやはや

    泣いちゃいましたね!
    (二度目)

    本当に1話の原画とか、じーんときちゃって、昔はこんな言葉なかったら、でも今ならこう言う。

    尊い、と。

    あぁ、かのメダリストが言ってた「なんも言えねぇ」はこういうことだったのかと実感しました。

    声も撮り下ろしだったと思います。
    でね、後日友人と話したのですが、友人は「アニメ一期と二期が混ざっている」と思ったそうです。
    そうだよね、別の世界の別の話だったけど、声優さんは混ざるよね、ましてや数年ぶりだもんね、と。

    私はね、似たようで違うことを思いました。

    あ、アニメのエドやアルじゃない。
    マンガのエドやアルの声を初めて聞いた、って。

    こういうと、語弊はあるかもしれないけど、本当のエドやアルの声を初めて聞いたって。
    ここで喋ってるの、本当のエドやアルだって。
    私がずっと追いかけてきた、エドやアルだって。

    音声ガイドを聞きながら、映像展示を見ながら、そんなことを思っていました。

    本当にね、本当に、生まれてきてくれてありがとう。
    荒川弘にも、エドにもアルにも、あっ、大佐達も(何)

    生まれてきてくれて、私と、出会ってくれてありがとうって。
    そんな気持ちを久しぶりにブログに残しておこうと思いました。

    あとはね、やはりこれは書いておかねばなるまい。
    あの、音声ガイドさ、なんであんなに夢小説なんですかね!!!

    エドワードさんに「お前」呼ばわりされて、人によっては・・・かもしれないけど、
    私ら(敢えて複数形)にとってはありがとうございますなんというご褒美(笑)

    アルには「君」呼びされて、一緒に思い出を巡るひとときって、どんだけ夢小説。
    公式よ、公式よ、本当に、本当に(鼻血)

    夢小説友達と、どんだけ盛り上がったか。これだけでご飯24時間いけますね本当に。
    あのシナリオ考えた人は生涯において、崇め奉りたいです。

    原画展では、他に超々久しぶりの鋼友達と再会もありました。
    鋼が繋いでくれた縁は、今でも繋がっている。
    10年経っても変わらず集まれるのは、本当に嬉しいです。

    あ、そうそう、同時開催中のハガレンカフェも展示会とは別日になりましたが、行ってきました。
    私はここで何度も書きましたがヨキ好きで・・・アクキーも、エドアルとヨキがくればいいなあ。でも全24種類とか、無理やろ
    (そもそも24種類頭おかしいやろ)
    と思っていました。
    でも、自分へのご褒美!と思って、5個買ったんですね。結果、

    スカーさんと、セリムと、マリアさんと、エドとアルとヨキがきました。

    目の前で奇跡がおきた。
    私の生涯の運を使いきったどこか、マイナスになったのではないかと危惧しております・・・・ガクブル。
    ちなみに、コースターは、スカーさんと、リンと、オリヴィエと、ウィンリィでした。
    生涯大事にします。

    それから、もう一つイベント。
    シネマノヴェチェントの、シャンバラ上映会、三間さん、水島さん、會川さんトークショーに行って参りました。
    横浜の外れにある、全席28席の小さな小さな映画館。
    トークの内容はSNS禁止とのことで書けないのですが、素晴らしい時間でした。
    思えば、34人(推定)の水島鋼ガチ勢とシャンバラを見るという奇跡のような時間だった思います。

    過去にこのブログで書いた、40年後の穏やかな世界をエドやアルに見せてあげたいって思いが、さらに高まった次第です。

    ・・・あれ。今気づいたけど、件の記事で書いてある上映会の主催者さんと、
    私この日に一緒にランチしたかもしれない(笑)


    この前にも、俺達の池袋(笑)であったボンズオールナイトにも行ってます。
    そこにもたくさん集まるシャンバラスキーさん達。

    鋼にはアニメやマンガなど、色んな色があって、あれが好きこれが好き、色んな好きがあって。
    でも、それぞれ鋼が好きだって思ってくれていて。
    また、何かのきっかけで鋼と出会って、好きだって思ってくれた方も。

    鋼原画展でお会いしたとあるスタッフさん。
    「内覧会のチケットを販売したのは、鋼が始まって10年以上。支えてくれているファンはもう関係者だと思うから」とおっしゃっていたそうで。

    そうだね、どこにいたってなんだかわらわら集まってくる(笑)
    だって私達も鋼の一部だもんね。

    またきっと集まる機会はあるでしょう。
    その時まで、またね!

    べ、別に実写の件にひとつも触れなかったのに意味は無いです。あ、私映画DVD買うつもりよ?

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1365.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1365-e066dcc6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本