スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 06
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    7月22日のストレンヂア5周年記念のボンズオールナイトに行って来ました。
    ヂア(爆音上映)、シャンバラ、ミロスの順番。
    ヂアの安藤さんと、ご存知我らの水島さん、安定の(笑)南さんのトークショーつき。


    トークショーも、特に真新しい情報はなにもないけれど、

    ようやく、ようやく、水島さんご本人に直接「鋼、凄く面白かった、大好きです」と伝えることが出来ました。
    南さんにも「酔っ払った時のトークショーが好きです」と(違)←いや、本当ですけど(笑)

    安藤さんも含めて、3人とも快くお話をしてくれて、握手に応じてくれ、感激しました。
    ファンだから。大事な世界だから。
    好きなモノを好きだ、と公言することはとても大事だと思っている。
    なんだかんだで、公式側はファンサイトを見たりしている。
    私の思いは、別の誰かに届き、もしかしたら制作側へも届いているだろう。

    けど、やっぱり末端のファンにとって、直接制作者さんの目を見て、言葉を伝えられるって特別で、素敵なことだ。
    あの、温かで大きな手が私の心と人生に、山も谷もつくったのだと思うと、あの一夜の出来事を一生忘れないだろう。

    随分久しぶりの鋼友達にも会って、ご飯を食べたりした。
    みんな相変わらずで、ちょっと懐かしかった。
    なんだかんだで、ほぼ毎年シャンバラやミロスれることが幸せだ。



    ミロスはともあれ、久しぶりにストレンヂアとシャンバラを見た。
    今改めて3本見て気づいたことがある。

    3本の中で、映画的に一番完成度が高いのは、
    やはり、オリジナルで元々映画一本完結物として作られている、ストレンヂアだな、と。
    次が、ミロスのシナリオの完成度。伊達に売れっ子作家さんの物語じゃないわ、と。うん、一本物としてとてもよくできてた。

    そして、シャンバラ。いや改めて見るとさ、ほんと、改めて見ると、

    突っ込みどころが満載だな!!!

    それを鋼友に伝えたら「えっ、とつさん、今頃気づいたの?」なんて言われた(笑)

    勘違いしてほしくないのは、それはイコール、ダメ映画ではないこと。

    シャンバラがすごいのは、星の数ほどあるツッコミどころなんかぶっ飛ばす、エネルギーに満ちあふれているということ。
    この点において、他の2作品を遥かに凌駕する映画だと思う、シャンバラって。
    作品テーマ、I川さんが言いたかったことは本当に胸に迫るし、クライマックス直前、戦場で打ちひしがれるアルを諭すエドの台詞は何度聞いても感動的だ。

    緻密に作り上げることも出来るし、エネルギーで突っ走ることもできる、鋼ワールドは本当に懐深い世界だったなぁと改めて思う。

    ふとUSJ鋼を見終わった時の第一声を思い出した。
    「ツッコミどころが多すぎて、どこからツッコんでいいのかわからない(大爆笑)」

    たしか、あれは7年前。
    再び私は同じ事を鋼を見てつぶやく。
    きっとこれからもそんな7年がループするんだろう。

    (余談だけど、私の記憶が確かなら、USJフィルムの監督(コンテ・演出)は確か安藤さん。なかなか面白いな。)

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1360.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1360-747bdbb8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。