スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 06
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    ルパン三世ってアニメをご存知だろうか。

    って、日本人なら老いも若きも知ってますよね!
    日本アニメ史に今もなお燦然と輝き続ける傑作シリーズです。

    色々ありまして、私、突然このシリーズにどんハマりしました。
    ルパンナイトから帰って翌週何も迷うことなくDVDBOXを買ってしまい、現在TVシリーズだけで200話以上あるアニメを続々と視聴中です。1年はアニメには困らないと思う(笑)



    ルパンは今年アニメの40周年だそうで、今現在40年記念として「峰不二子という女」と今までとはちょっと違った内容のアニメが放映されています。

    不二子ちゃんが脱いだり脱いだりセックスしたり脱いだり脱いだり(←主に脱ぎアニメ。失笑)してるので驚かれた方もいらっしゃるようですが、原作もっとえげつないです、と原作ファンからよく聞きます。

    えぇ、ルパンってこれだけタイトルとしては有名なのに「元」があまり知られていないようなのですよね。そういう私も原作は読んだことがない。それからどういう変容を遂げているのか。
    ルパン=カリオストロの城が思い浮かぶ人も多いでしょう。

    でもでも、実はあのカリオストロも、ルパンとしてはかなり変わり種なんですよ!!
    原作鋼ファンにとってのロンドン出てきた!みたいな・・・

    今回私がルパンにはまって驚いたのが、40年前のTVアニメルパン三世の第一話と私の知ってるルパン(主に「2nd」)の違いでした。

    そんなわけで、ここらでルパン変容をまとめてみます。

    1967年からマンガルパン三世の連載開始。大人向けマンガだった故に後にアニメで有名になるようなファミリー&コメディには遠く、殺しまくり、セックスしまくり、かなりハードボイルドタッチの成年マンガ。

    1971年秋より、TVアニメ開始。
    当初は原作寄りの大人向けアニメを目指しハードボイルドタッチに作られたが、当時は大人がアニメを見るという風潮ではなかった故、前代未聞の低視聴率を叩き出してしまい、それに怒った上層部との兼ね合いで監督は3話放映時点で降板。後に宮崎・高畑の言わずと知れたジブリコンビが入り、ファミリー路線になるものの、特に視聴率が高くなることもなくひっそりと2クールで終了。

    が、翌年からの再放送で徐々に人気が出始め、再放送の度に高視聴率をマーク。それを受けて、1977年から1st後半のファミリータッチの雰囲気を受けた仕様で、再びTVアニメ化。ここで人気が爆発し、3年間155話(+劇場版2作)の大ヒットシリーズとなる。
    ルパンと聞くとこの2ndのルパンを思い浮かべる(それが2ndと知らなくても)が圧倒的だと思います。

    その後も再放送で高視聴率がとれることから、1984年「ルパン三世 PartIII」の放映開始。ただ、当時の放映形態などの問題から、放映休止が相次ぎ、1年半50話(+劇場版1作)にて終了。

    しかし、人気が衰えることはなく劇場版や、OVA、また、1989年から基本的に年に1度TVスペシャルとして、長編アニメが放映されている。先日再放送された2009年のTVスペシャル「ルパン三世VS名探偵コナン」が印象的なところ。

    そして、今年はアニメ40周年なことから1985年以来のTVシリーズ「ルパン三世~峰不二子という女」が放送中です。



    ざっとこんなものかしら。
    ねぇ、知ってました?
    こんな複雑な歴史をたどっていたなんて。
    正直私、知らなかったんですよね、3rdの存在を特に。


    ルパンは幼稚園児の頃に2ndの再放送を見ていたクチです。
    今思うと大人向けの内容もあるんだけど、そんなもの飛び越えて、「面白い」ということがちゃんと伝わっていました。結構夢中になったものです。
    でも、やっぱり幼すぎたので、内容はあんまり覚えてなくて・・・
    ルパンと言えば、カリオスオロがアニメとして名作すぎるんで、その印象も強かったかな。

    でもね、今回1stや2ndの内容を改めて見て、こいつぁ、とんでもないアニメだと目覚めた!!
    今、名のあるアニメーターのインタビューで「見るべきアニメは?」と聞かれて、ほとんどルパンの名前が上がる意味がわかった。

    ストーリー・作画・演出。どれをとっても一級品で・・・さすがに200話以上あるので、全部とは言えませんけど(^_^;)
    でも、40年前の1話をとっても、今見てもまったく見劣りしない、いや、むしろ才能ある人達の努力と才能が爆発している分、今のCGバリバリ使って、技術的には何十倍も優れているはずの今よりも、また違う部分で今より突飛しているのではないか、と思えてなりません。

    そんなわけで・・・何か今後感想などをぼろぼろ吐き出すかもしれません。
    んとに、40年の歴史は、伊達じゃなかった。
    アニメってほんとうに面白いよね。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1354.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1354-73c7ce83
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。