スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017 . 07
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    とにもかくにも、ストレンヂアであーる。
    昨年のボンズナイトで盛大に釣られた私。
    シャンバラもよかったけど、なによりストレンヂアの出来に、目玉がどこかに飛んでったほど、衝撃をウケました。

    血がいっぱい出るし、(ファンタジーだけど)時代劇って言う渋い設定だから、アニメ興味ない人は別に見なくてもいいと思う。
    でも、アニメ好きなら絶対に見てほしい、そんなアニメ映画でした。

    とにかく動く。ぬるぬる、がしょがしょ動く。
    犬が走り、馬が走り、人が泣いて笑って落ちて刺され切られ、厳しい目にもなるし、優しい目にもなる。
    その様は冒頭から圧巻。
    この映画には水島鋼のスタッフも多く関わっているのだけど、動きの量で言えば、シャンバラの2倍くらいは動いてるんじゃないかっていう気がする。(錯覚も含めて)

    いや、本当はね、冷静になってみるとね、全体的にアクションは言うほど多くないのだよ。
    主人公が抜刀するのも、クライマックスになってからだもの。
    でもね、全体的に渡って作画で魅せる、「見せる」とはちょっと違う「魅せる」力が宿っている。

    水島鋼も ボ ン ズ の 本 気 を垣間見たけど、
    この、ストレンヂアも、ボ ン ズ の 超 絶 本 気 ! を見ることができます。

    そのレイアウトに、動きに、表情に。私は震撼しました。

    私は、そこまでたくさんのアニメを観ていないのだけど、こんなに動くアニメを見たことがないと思ったよ。

    少年漫画のアニメとは違い、頭身の高い、ややリアル絵タッチの絵。
    ファンタジーだけど、緻密に描写された時代背景、人が切られれば、血が出て死ぬ。実に呆気無く。人気声優の宮野が声を当ててるからって、生き延びたりしない(笑
    実写のようなアニメだけど、でも、実写には出来ないことが出来るのが、アニメの面白さ。

    どっかの実写目指すゲーム会社とは違って、ボンズはそれを忘れない。
    どんなにぬるぬる動いても、どんなに緻密に描いても、アニメであることを誇りを持って、全面に押し出している、だからアニメを見ていて心地いい。

    例えば、シャンバラのスーパー中村劇場(vsグラトニーのカット)の時も彼の空間描写に驚いたけど、ストレンヂアでは、それがクライマックスに存分に発揮されています。
    しかも、シャンバラと違って舞台面積の拡大も、違和感がない。(笑)
    コメンタリーによると、中村カットになったとたん、面積3倍くらいになってるらしいよ(笑)どんだけ駆けまわるwww

    あえて、そんな中村豊最大の特徴である歪みと嘘をクライマックスに持ってきてるんだ。
    中村さん、本当に凄腕のアニメーターなのだと思ったよ。ほんと、す ご か っ た !(もう、すごかった、しか言えねぇんだよ・・・)


    そんなストレンヂアを見て、動きすげー作画すげーと、興奮したと同時に、心からアニメって面白いなぁって思いました。
    ほんと、アニメ好きとして、見てよかったと心から思います。

    この作品の、このデキに対して、知名度の低いこと。
    作品名を知ってる人はいれど、これを見た人が何人いるだろう。
    ストレンヂアの評価はすでに高いけど、私は、もっともっと評価されていいと思います。こんなんじゃ足りない。
    スタッフの心意気から・・・作品の奥底から「アニメ」であるこんな作品が、まっとうに評価されるアニメ界であってほしいと思います。

    ストレンヂア -無皇刃譚- [Blu-ray]
    ストレンヂア -無皇刃譚- [Blu-ray]


    余談。
    この映画、鋼がヒットしたからつくることができたんだと思うのよね。ていうか、絶対にそうだよね。今時オリジナルアニメ映画なんて、しかもこんなクオリティの。
    水島鋼をぐだぐだ引き伸ばさなかった心意気を知った時も、うん、エライ!と思ったけど、その利益をちゃんとアニメで還元するっていう経営陣(南さん)の心意気は鏡だと思う。
    アニメ会社に限らず、こういう会社の存在を絶対に絶やしちゃならん。
    これからも私はボンズを力の限り応援します!
    (というわけで、あのボンズナイト以来、ボンズフィーバーが訪れたので、ボンズアニメを見ています。カウボーイ・ビバップとか、今はダーカーザンブラックを視聴中です!)

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1310.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1310-8f366a8f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。