スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • ツイッタでの発言加筆まとめ

    「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 12 「ボンズ」アクションアニメの世界」
    行ってきました。
    トークはしゃちょの南さん、ストレンヂア監督の安藤さん、我らが(?)伊藤嘉之さん。
    トーク兼司会進行はアニメスタイルの小黒祐一郎さん。

    上映は
    ヒーローマン最終回
    ストレンヂア -無皇刃譚-(2007/松竹)監督:安藤真裕
    COWBOY BEBOP 天国の扉(2001/サンライズ)監督:渡辺信一郎
    劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(2005/松竹)監督:水島精二

    当日は、ご存知鋼らしい悪天候(笑)
    台風の中、みなさんご苦労様ですな雰囲気が漂っています。
    当日の男女比は、半々くらい。もしかしたら男性が少し多かったかな。
    私はチケット入手が遅かったために、立ち見の可能性が高い補助席。

    が、当日の悪天候のためか、結局立ち見の人間はいなかったと思う。トークの時にはパイプイスもがっつり使われていたけど、トークが終われば全員ふかふか椅子に座れました。(でも、95%くらいは最後まで埋まっていました)

    そういうわけで、私は最前列ど真ん中ゲット。だって生伊藤は初めてだったので、がっつりツバを浴びようと思って(笑)

    ほぼ予定通り22:30開演。特に照明が落ちることもなく、すぐにトークショー開催。
    皆様この後は仕事の模様。南さんもお酒は飲んではいなかった(笑)

    でも、いつもどおり「おっとり」な感じのチーム・ボンズ(笑)
    南さんはまったく変わらず。
    安藤さんは、ストレンヂアの予告イベントのコスしたりとテンパってる姿しか知らなかったので、今日はリラックスというか、普通のアニメーターさんって感じで少し新鮮(笑)。
    伊藤さんはお変りなくってな感じ。

    伊藤さんはシャンバラが落ち着いた頃に一度お顔を拝見してるんだけど、喋り方といい、体型といい、全然変わらずで。\綺羅星☆!!/やっててお忙しいと思うんだけど、そんなにやつれた様子もなく、お元気そうでなによりでした。

    トークはぐだg(ry だったけど、ストレンヂア話が多かったので、ストレンファンは満足したかと思う。シャンバラは時間まきまきで10分くらいしかなかった。少し残念。それでもトーク時間は予定オーバー。(ちなみにイベント終了時間も6時過ぎたので、かなり予定オーバー)

    まずは、ストレンヂアの話題。今日ストレンヂア目的の人の挙手アンケートでは3分の1(とつ目線)くらいがあげていたか。初めて見るという人はそれより気持ち少なかった感じ。

    ストレンヂアの企画成り立ちと、最後三ヶ月が思い出したくないほどの地獄だったと。3人そろって地獄だったと力説。
    安藤さんは力のあるアニメーターだから、絵コンテの段階で無理なこと要求すると南談。
    それに対して安藤さんは、いや、むしろ自分が描かないから、要求するんですよ。自分が描いたらいやだなっていうの。というのを何度か強調していました。

    ボンズアクションをメインにしたイベントだったので、トークには中村さんの話題も上がり。中村さんは、恥ずかしがり屋さん、というわけでイベントには来なかったそうだ。笑。

    印象深かったのは、名無しと敵ボスとの対決。中村さんのモーションがあがってきて、安藤さんも通して見て、やっぱり中村すごい。すごいいいのがあがってきたけど、でも、何か足りない・・・と思ったんですって。
    安藤さんのコンテどおり(そしてそれに中村パワーが加わってそれ以上のもの)なのに何かが足りない。

    安藤「何かが足りない・・・」
    中村「コンテどおりじゃないっすかww何が足りないんですかww」
    安藤「わかりませんwwwなんだろうwwwもうちょっとギリギリ感が欲しいwwナントカしてww次回までの宿題でww」
    中村「エェエエエ・・・・」

    と、だいぶ中村さんは苦労したと安藤さん談。最後の「鍔迫り合い」はその中村さんへの宿題の結果増えたカットだそうです。
    これは秘話だぁ・・・(こういうのが楽しいよな)


    あとはビバップとか、エスカフローネの「バーンがバーンのとこ」(南談)、シャンバラのvsグラトニーのスーパー中村タイム等々の中村さんの活躍について語る。
    今回のテーマが「アクション」だったので、中村さんの話題は長かったです。中村さん次はぜひ来てwww

    次は中村つながりで、カウボーイビバップ。

    安藤さんも参加してたんですね。(知りませんでした。スミマセン・・・)

    ビバップでは、川元さんは特に犬派でもなかったが、作画資料にもなるし、コーギーを飼い始めたのだとか。すげーな、アニメーターそういうこともするんだ・・・と、会場どよめき。でも、その後メロメロになったのか?コーギーの動きには人一倍うるさくなったのだとか。

    コーギーはこんな走り方しない!!!とか。笑。今日の4作品すべてに犬が出てくるんだけど、他のアニメでも例えばオオカミの走りなんかもどことなくコーギーっぽい走りをするようになった、とか。笑。

    伊藤さんも参加してるけど、バイクで事故して手術入院して、抜けていた期間があるらしい。他のアニメでもやってるらしい。伊藤さんどうか気をつけてください。


    それと、今日は10月30日~31日。そう、ハロウィン!
    特に狙ってなかったのだけど、物語りもハロウィンの話なのよね~ってことで、来年からこの時期に毎年やろう!ニュープリントしたし!みたいな話になって、拍手が沸き起こりました。次回はテレビ版も交えてって言われて盛り上がり。
    ビバップはファンが多いよね、と南談。

    後で立ち聞きするんだけど、このビバップのために、名古屋からわざわざ上京してこられた人がいました。
    愛されてる・・・!!愛されてるよ、このアニメ。

    そうそう。ビバップは、今回のイベントのため(?)サンライズがネガから焼いてくれたニュープリントフィルム(初使用★)での上映でした。映像めっちゃ綺麗だったよ。ストレンはそんなに使用されてなi(終 で綺麗でした。これからどんどん上映していこう!

    逆に、シャンバラのフィルムの痛みが目立ったかな。
    ビバップ(本当にきれいだった)と、ストレンヂアがよかったから、シャンバラのノイズは気になった。
    でも、それだけ使用されまくってるってことだから、なんだか嬉しくもあった。また次の機会が楽しみです。


    そして、係員がやってきて、ひそかにあと5分の合図。あわててシャンバラの話に移行。
    シャンバラは、製作期間が短かったという話が主だったかな。本当は春公開って言われたけど「それは無理です」って言ってギリ7月になったとか。
    「春公開ならもっと人が入ったのに・・・」とか言われたらしい。
    でも、精一杯でした、と。でも、期間の短さが逆にモチベーションが保ててよかった的な・・・お話でした。

    あとは今のFAの話もあって、司会の小黒さんが旧作とごっちゃになるわwwと「パラレルのパラレルみたいな話だから」と言ってて、なるほどなぁと思った、確かにパラレルのパラレルだわ。

    トークはそんな感じかな。
    いつもと同じですが、当然話題の取りこぼしあります。それぞれの発言は発言ママではないです。とつフィルター入っているのでご了承くださいませ。
    これが私のメモの限界ってことでっ。

    あぁ、そういえば。
    南さんが、伊藤さんを「よっちゃん」と呼んでいるのが面白かったです。「よっちゃん・・・あ、伊藤君ね」ってちゃんと言い直すんだけど、結構何度もやった。普段は完全によっちゃんなんだろうなって、微笑ましかったです。



    この後は上映会。
    どこかで寝るかと思ったけど、全く全然睡魔が襲ってきませんでした。全部ガン見。放送順番がよかったなぁ。
    ヒーローマン最終回→ストレン→ビバップ→シャンバラへー!!!!
    はじめはヒーローマン30分で軽く。その後のストレンヂアがすごかったから、あれで一気に目が覚めた。


    ヒーローマンのアニメは初視聴。
    最終回のみ放送ってわけで、インベトお土産を兼ねて、ヒーローマンクリアファイルと、ストーリーダイジェストのチラシをもらいました。


    これはガンガンで概要のみ知ってるって感じだったけど、もう王道の素直なアニメーって感じだったな。今は少なくなった、なんにも捻ってない少年への説教が語られていて、私は嫌いじゃないです。大ボスの足元で、ヒロインがやってきて延々愛を語るとか「大ボスはその間攻撃すればいいのに」なのに、空気読んで絶対しないっていう。アニメはやっぱりこうでなくっちゃね!


    次のビバップは2,3回目視聴。相変わらず面白い。実はテレビシリーズは見てなくて、今度ぜひ見てみたいと思った。でも、このアニメ私のはまりそうな臭がする。自分にとって「危険」な香りがちょっと怖い。ほら、はまったら、私どこまでも行くから・・・汗。

    ストレンヂアは、ちょっとすごすぎたので別件で感想をあげようと思います。
    初めて見ました。大まかなストーリーも、評判がよかったことも知ってました。安藤さんがコスしてやってきた予告オールナイトイベントにも行きました(シャンバラの上映があったから・・・)。でもなぜか本編は見ていないという失態だったのです。
    とりあえず、一言言うなら「圧巻」でありました。まさかここまでとは、正直思ってなかった・・・安藤さんスミマセン・・・


    飛ばしてシャンバラ。

    シャンバラ。もう、劇場で見るの何度目よ?ねぇ、何度目よ?自分でも、もう、わからなくなってきた。
    今回は音がよかったので「吐息が!」「吐息が萌えた!!!」が後のオフ会のみんなの共通意見(笑

    今日のシャンバラ、冒頭の歌OP映像、過去のフラッシュバックでちょっと泣きそうになりました。あれは私のフラッシュバックだった・・・なんかマンガを含めて、今までの鋼との思い出が走馬灯で走ったよ・・・
    荒川エドも、水島エドも、入江エドも、みんなみんながんばったよねー・・・T_T

    それから、見ながら、シャンバラの初見の時の気持ちがフラッシュバック。ここにきて原点回帰。最初に「えっ?!」って思ったのが、エドがカッコよくオープンカー(笑)を運転していること、とか。
    ノーアがエド寝室にもぐりこんだとき「えっ?!やっちゃうの?えっ?子どもも見てるのに?!」と違う意味でドキドキしたこと、とか。
    「師匠写真になっとる!」とか「アルやんちゃすぎ!」とか「エドヒモすぎ・・・」とか驚いたこととか。エドが戦場でアルを諭す部分。「エド大人になったね」ってほろりときたこととか。

    あと、私はエッカルトにとどめを刺したのが、エドでもアルでもましてやハイデリヒでもなく。
    あの始終情けない様相を呈していたヒューズだった、ていうのが、すっごい気に入ってる。あれは本当にメッセージ性の強いワンカットだったと思っていて、いつ見ても感動する!

    と、シャンバラを語ると、もうとまるはずがないのでやめておこうと思います。


    終わったのは6時ちょいすぎ。15分くらい時間オーバーでしたが、とても楽しかったイベントでした。
    その後は10時までファミレスでシャンバラ談義。
    映画情報が気になります・・・という話題で持ちきり。

    次の鋼情報が本当に待ち遠しいです。

    以上で、ボンズナイトのレポのような感想終わります。




    ちょっと前にエヴァが10年以上経ってても色んな人に愛されて幸せだ、羨ましいって呟いたけど。それって、鋼も一緒じゃね?なんて気づいた。
    私の隣にいたお嬢さん、ガンガン付録のエドのストラップつけてたのが見えた。あなたも、好きなんだね。シャンバラがあると、思わず来てしまうほどに。

    何年も経って、「多くの人に」ってのは、もしかしたら無理かもしれない。でもさ、やっぱり鋼を好きな人はいて、スタッフも大事に思ってくれていて、そういうのが実感できてすごく嬉しかったです。

    人に愛されることが幸せなら、私が一生、鋼を不幸になんてしない!ってちょっと決意してみた。
    すごいすごい好きだー!!!!鋼が好きだー!!!マンガもアニメも好きだーーー!!

    と、そんなことを言うと、鋼ついてりゃ何でもいいのね、なんて思われてるけど、いや、そういう節もないことはないけど(爆)、でも全部ちゃんと面白いから!おいらは、一生鋼を忘れない。

    鋼を幸せにするのは、私。・・・ファン一人ひとりの力だ。きっと。


    最後の最後、次の映画でコケたらどうしようwwwという一抹の不安もなくはない。(数字的にとか世間の評価ではなく、あくまで私の基準で) もうそろそろ少しでいいから情報解禁してほしい。ほんと、マジで。
    よろしく、スクエニ。
    イベント後の友人同士の朝食会では、もうずっと劇場版の話題でした。みんな餓えてる(苦笑

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1279.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1279-1add843c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本