スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 08
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    某Uさんのブログ(一部にはバレバレです)で、鋼が楽しかったという感情はずっと残るという記事を目にしました。

    何十年後たって、例えば、細かい設定とか、キャラの名前とか、物語の理屈とか、覚えていなくても、
    「面白かった」という記憶は残る。
    私の中に残るものは、面白かった。大好き。という気持ちだと。


    私もそうかもなぁと思いました。
    私なんかすでにサブキャラの名前忘れ(強制終了



    この前、テレビで「今まであったことを全部覚えている」という人の特集をやっていました。
    なんでもその人は、自分にあったこと、見聞きしたことを全部ぜーんぶ、覚えているのだそう。
    20年前の何月何日何時何分、昼食にナニを食べたとか、そういうレベル。完全記憶、とでもいうのか。
    ・・・逆に言うと「忘れることができない」。
    世界に数人いる、記憶障害の病気だそうです。


    だけど、その人はその時「あったこと」は覚えていても「感情」は一瞬も覚えていられないそうだ。

    ・・・意味。わかるかな。

    たとえば鋼を読んでいて読者に響いてくるのは次のこと。
    「26巻の173ページで全裸兄さんがプライドに向かっていく」
    「全裸兄さんカッコイイ!萌え!興奮!(いろんな意味で!)」

    (えっ?そう響くのはあんただけだって?異論は・・・認めるっ!)


    だけど、この時点でかの人にインプットされるのは「26巻の173ページで全裸兄さんがプライドに向かっていく」
    ってことだけなんですって(しかも一生忘れない)。「カッコイイ!萌え!興奮!(いろんな意味で!)」は思っても記憶できないんですって。

    友達と飲み会しても・・・
    例えば私が書く日記は
    「今日はブロガナイト行った。興奮しすぎて何話したか記憶あいまいだけど、すっごいすっごい楽しかった!△さんがかわいかった!料理もおいしかった!幸せ!帰りたくなかったくらいっ!」

    だけど、その人が後に書く日記は
    「今日はブロガナイトに行った。×時に○さんと×さんが来て、○時に□さんがきた。△さんは花柄のワンピース。鋼について語った。料理は××が出て○○が出た。○時に帰った。」

    なんですって。

    ・・・意味わかったかしら?



    あったことを忘れない・・・最初にそう聞いたとき、忘れっぽい私は、すごくうらやましいなぁと思いました。人生得じゃないかと。
    でも、その病気の真実の姿を知った時、私、せつな過ぎて泣いてしまったよ。



    しかも、世界にはもっと深刻な症状の人がいるらしい。
    それは、完全なる完全記憶の人。

    今まであったことを感情も含めて、全部覚えている・・・忘れることができない人。

    それは、いいことだけじゃないんだって。
    辛かったこと、悲しかったこと、痛かったこと、苦しかったこと、全部が全部、まるで1分前の出来事のようにその人の中では、思い出せるのだって。

    辛かったことが、忘れたいことが、決して過去にならない・・・


    人間は、知らず知らずのうちに、記憶の取捨選択をしているといいます。
    それらができない彼ら、彼女らの人生は・・・すぐに想像を絶する粋に達します。

    辛いことは過去になる。うれしいことは明日への力になる。
    当たり前のようで、どれだけ大切なことか思い知らされました。


    鋼を読んで、サイトをしてきて、悲しいこともありました。だけど10年後、それは、自分の中に残っているだろうか。
    「思い出は いつか 美しい星になる」
    中学の文化祭で演劇部が演じたオリジナル劇のセリフをいまだに覚えています。


    悲しかったことも、きっと月日が立てば、きらきら輝く星のひとつになっている気がします。
    鋼を読んで、少しあった悲しかったこと。そして、たくさんあった、それこそ覚えきれないほどの、嬉しかった、楽しかった、幸せだったこと。

    ただ残っているだけではなく、これからの日々、大事にしていきたいなぁと思います。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1276.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1276-6b1004b2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。