スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 11
  • 今日は上野の哺乳類展に行きました。右のブログガジェットをどぞーって感じで、すごくよかった。
    ほくほくしながら帰り道。
    もっとうれしいことがありました。ねぇねぇ、聞いて。

    あのね、隣をたぶんこれも哺乳類展の帰りと思われる親子が歩いていました。
    小学生3,4年くらいの男の子と、お父さん。

    子どもは、元気いっぱいの小学生って感じでぱたぱた走っていて。
    西洋美術館の前まで来たとき、「パパーーー見てーーーー!!」って大きな声で嬉しそうに言うの。

    パパ「んー?」

    と、ボクは西洋美術館の入り口にある『地獄の門』を指さしながら。

    ボク「パパーあれ見て!真理の扉ーーーーー!!


    パパ「ほーそうかぁ。真理の扉なのかぁ」
    ボク「うん、しんりの、とびらー(´∀`)」


    と、ボクが嬉しそうに、言うのだ!

    あの年齢はガンガンかなぁ。いや、たぶん、アニメかな。
    すごく嬉しそうに言う、その姿が、私はとても嬉しかったのです。

    大人が、「エドかっこいい!」って思って萌えてくれることも嬉しい。
    だけど私は、鋼は、やっぱり少年少女向けに描かれているマンガだから、子どもが、楽しんでくれていることが、一番嬉しいのです。

    鋼は、子どものための、本当にキラキラした物語だから。
    本当に読んでもらいたい。誰より子どもたちに読んでもらいたい。

    それをきちんと受け止めた彼に、鋼はどんな楽しい時間を供給したのだろう。どんなモノを残したのだろう。

    マンガ夜話の時に、「鋼で大事なことをたくさん教えてもらった」というファックスがたくさんあったとありました。
    かつて私が、大事なことをアニメやマンガに教えてもらったように、彼らの中に、鋼は何かを残したのでしょう。

    彼らが大人になるにつれて、辛いこと悲しいことがたくさんある。
    そんな時、ふと鋼で教えてもらったことを思い出して、元気になればいいと思います。・・・いや、きっと元気になるね。子供のときに見たアニメの影響ってそういうもんだ。

    鋼は終わっても、少年たちの「好き」という思いは消えない。
    これからずっとずっと永遠に残っていく。
    そう思うと、本当に嬉しく、また誇らしいと思いました。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1193.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1193-959b39a4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本