スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017 . 12
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    今日は鋼仲間3人と、5時半まで都外某所で鋼トーーーーーク。
    鋼のためなら、都外だってへちゃらだぜ!

    ファミレスで、鋼アニメ見たよ。ワンセグいいなぁ。

    今日は、フーさん→グリリン本領発揮→中尉ぐっさり「さぁ。キミ。人体錬成したまえ」まで。
    さて、この、「さぁ、キミ。人体錬成したまえ」のシーン。 私、マンガ版の方は、いまいち納得できないんだ・・・

    違うブログで同じような意見を見聞きしたけれど、
    今まで、散々ロイは人体錬成するのか、という闇なる伏線を貼っておいて。
    あそこでロイに「究極の選択」をさせなかった理由がわからないのよ!荒川さん!どうした!

    ロイは人体錬成するのか?という思いは、誰もがずっと思っていたはず。ずっと昔の、ヒューズが死んだ時から、抱いてした人もおろう。
    あのシーンは、そんな長年かけて張り巡らせてた伏線の結末だった。ずっといだいてきたもやもや、ドキドキをすっきりと解き放つ瞬間になるはず、だった。

    それが、リザに目配せさせてしまったために、ただの、演劇に成り下がってしまったではないですか!

    ロイは目配せに気づいた→何かあるな→じゃ、人体錬成しない!

    そんな、ただの会話劇じゃないですか・・・

    愛する者が手を離れそうな(離れた)時、もしその人を復活する手段を持っていたら、あなたはどうするか?
    ・・・どうすればいいのか。

    鋼の、大事な大事なテーマの一つだ。
    仲間を守る、仲間に死ぬな、と言ったロイが、苦渋の決断をする。
    ・・・いや、たとえ人体錬成の道を選んだってよかった。

    読者は、ロイの、リザの、魂の叫びのような選択を期待していたのに。
    ロイリザの目で会話するぐらい仲いいんだよ!なんて今更薄っぺらな見た目の信頼なんていらなかった。そんなことはもうみんな知ってる。なのに、なんでここをそんなシーンにしてしまったのか。

    あそこでふたりに重大な決断をさせた後、予想外の助けが入る。それでよかったじゃないか・・・

    ここのシーンは、エンビの一件と並んで、今でも私に理解できない展開です。


    今日のアニメは、まさにそのシーンを描きました。
    がっ!なんと、ロイの決断を次週に持ち越した。
    リザの視線、目を見開き、俯き、決断するロイ。

    「わかった」

    次週に続く




    ・・・アーッ!アーッ!

    うっかりファミレスで叫んでしまった。
    これはすごいよかった。
    次回予告を含め、すごいミスリード。リザの視線のよい使い方だと思います。

    そう、例えば、ヒューズが撃たれた/次週に続く、のところや、大佐がロス少尉を燃やし尽くした/次週に続く、と同じ効果でした。

    原作未読の人は「はわわわっ」ってなるだろう。「人体錬成するのかな?」と。「でもあのリザの視線の意味は?!」と。ドキドキして、ハラハラしたらいい。ぐるぐる考えたらいい。そして、次週、「アーッ!」って言ったらいいうふふふふふふ。ヒーッヒヒッヒ(悪)

    そんなハラハラドキドキが、鋼の錬金術師の魅力だと思います!

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1186.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1186-f7ca341d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。