スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017 . 07
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    実はこのブログ、携帯版が存在します。その名も「メモ日記 モバイル」。
    わざわざタイトル変えてる存在感ですが、中身は同じです。しかも一部のタグが外れるみたいなので、時々意味不明の文面になってしまいます。
    <S>タグが外れるのは痛い・・・このタグ超大好きで多様してます。サーセン。

    そしてもうひとつ大きな問題があって、ツッコミ(コメント)欄がなく、苦情があっても送れないという不親切仕様でした。

    このたびそれを改善しモバイル版ツッコミページをつくりました。
    解説の「鋼オタ 愛の日記」の下に、「コメントはこちら」リンクを作りましたので、何かあっても、またはなくても、ぜひどーぞ。


    それと、先のレポでイベントDVD化されるに違いない!って書いたら「される決定」と勘違いされたコメを頂きました「うわーーーー!!」違うの!あれ妄想なの!」って慌てて訂正したら、・・・されるみたいです。某公式サイト(ブログ)でその記述がありました。ちょwwそれフライングじゃないの大丈夫?!
    一応公式の正式なアナウンスがあるまではね。そっとしておきましょう(笑



    では、アニメ感想いきます。エドウィン名場面で締めくくった前回。
    むはーと鼻息荒くしながら再生です。 アニメ23話 戦場の少女

    し●●ばのエドウィンスレの人が
    今週(22話)はあそこで終わりですか。じゃあ、豆勝利は、1週間寄り添ったままですね!
    \(~o~)/ヤッター\(~o~)/ヤッター\(~o~)/ヤッター
    ってなってて、その発想はなかった、と思った。
    おまいら愛してる。


    ■冒頭からアクション
    音楽がいい!!

    ■コート
    ちょwwおまwww
    おいおいおいおい、違うだろーーーー!!!!!!(前回感想の超デジャヴ・・・笑)

    なんでコートかけ終ってるねん!!
    その動きを、アニメでっ、って願って・・・わた、し・・・うわぁああん(号泣

    エドウィン者、アニメ1で耐えたやん・・・暴動起こさず耐えたやん・・・アニメ2は、だからこそ、エドウィン者のためにあるって・・・信じて、いたのに・・・
    またも、視聴がめげそうになる、そんな瞬間。

    ■ウィンリィの手
    エロかった!(色々台無し)
    ・・・じゃなくて、やさしいなぁ。うん。
    映像ならではの表現でした。

    ■待つしか出来ない
    ちょっと私、アニメ2のウィンリィに不満があるんだけどさ。
    アニメ2のウィンリィの仕事風景、その評判とともに、ほとんどカットされてるじゃない?
    ウィンリィがどれほど自分の人生をしっかり歩んでるか、アニメではほとんど描写されていない。

    アニメ2のウィンリィは、兄弟とともにいるだけの女の子に成り下がっているのね。下手したら。
    そんな子がここで「待つしか出来ない」って言うと、なんだかマンガのウィンリィとは、ちょっと違ったニュアンスに聞こえるんだよ。

    なんて言っていいかなぁ。「待つしか出来ない」と「待っているだけ」とは全然違ってて、ウィンリィは決して「待っているだけ」ではないんだってこと。

    アニメのこのシーンが不満ではない。よく出来てたと思う。エドから手が離れゆく描写は、神だった。
    だけど、これまで積み上げたものを加味すると、なんだか微妙に見えてしまった。

    ウィンリィは、エドに手と足を与えただけじゃないんだぞ!生きる希望を与えたんだ!それ重要ッス。

    ■リンの逃げ方
    あの息のかすれ方が異常にリアルでいい・・・!!声優すげぇ!

    ■そこの音楽
    ホラーです。こえぇ!

    ■それにしても兄弟
    街、壊しすぎですwwww

    ■哀れに思われる理由はない
    すっかり忘れてた(?)んだけど、この辺、原作に忠実でしたなぁ。
    釘宮の演技がいいかんじすぎます。

    ■兄さんはうかつすぎるんだよ
    あらやらアルってばテラ怒ってる(苦笑)
    声がつくとマンガより3割り増しで怒ってる感じ。

    ■追う大総統
    あれ・・・この演出方法、なんかのアニメで見たことあるなぁ。
    なんのアニメだったっけ・・・思い出せそうでだせない・・・
    気になりマスタング!(心当たりがある方教えてクダサイ)

    ■飛び出してくるリンの動き→しとめるまで
    なんか動きがすげぇ。なんだありゃ?!ってなりました。
    しなやかで鮮やかな舞でした!ごちそうさまッス。

    しかしドラ効果音音楽はちょっとだけワロタ。

    ■メイチャンの錬金術
    足早すぎワロタ。
    しかしメイチャンの存在は軽く世界観を凌駕すると思うんだ、荒川さん・・・(汗

    ■アイキャッチ
    前半後半ともにツッコンだ。
    そ れ か よ !

    ■急に客現る
    だから、ウィンリィがラシュバレーで、客持つくらい仕事してたって描写今までありましたっけ?

    そ も そ も 仕 事 描 写 あ り ま し た ?

    これも何度目だと思ってるんですか。「そこんとこ原作読者はマンガで、マンガ知らない人は妄想で補完して」って(汗
    そろそろやめにしてほしいんですが。

    やるんならちゃんと描く。やらないなら、最初からやらない!
    ちゃんと見極めて!

    そういう基本描写がないから、「がんばるから」とか、「待っててくれる人がいるから」とか、そういうセリフが軽く聞こえてしいました。

    そいえば、怒涛の展開で後になって気づいたけど「みんなのおかげで耐えられる」が、全カットされた・・・
    アニメ2におけるマンガの「取捨選択」の基準がさっぱりわからん。謎。

    ■泣かせるときはうれし泣き
    言いかけて、どうにも恥ずかしくて消えちゃって。
    「聞こえないよ」って言われて。『あ゛ーーーー』って思って、一旦はあきらめかけたけど、やっぱり叫ぶ!
    このあたりの葛藤が面白すぎる。えどきゅん15さい。
    ここはよかったです。20回リピート。

    作画もよかった。ウィンリィよりもエドの顔がよかったです。
    セリフを言い始める時の、エドの百面相ぽい動き。
    照れと優しさと決意。いろんなものが渦巻く顔でした。

    そんな素敵なエド描写だったのに、エドそのものの顔の描写がそれだけだったのは残念だったな。エドが映って、遠景になって、あとはウィンリィの顔だった。(しかもあまり動かない)

    「おぼえてろ!」のところは、エドを大きく映すべきだったと思うんだ。もしくは、エドアルとウィンリィを横から捕らえたカメラワークにする。
    私だったらそうする。

    ウィンリィのエピソードは、ウィンリィそのものの成長ドラマでもあったけど、同時にエドアルの大人の階段のひとつでもあった。(いや、いやらしい意味じゃなくて!!笑)

    エドアルの旅は今まで「自分たちのための旅」だった。
    そんな自分だけの世界で生きていた子どもの彼らが、多分初めて「誰かのための旅」を自覚する。
    エドがそれを宣言するこのシーン。
    どんな顔で言ったのか、大事だったと思うんだ。
    ・・・表情は言葉よりも如実に語る。彼がどんな思いでいたのか。
    アニメはエドの変化に基点を置いているなら、なおのこと「この時のエド」に重点を置いてほしかったな。

    ところで、冒頭のエドのセリフ言い始めのシーン。エドの顔のアップ。
    このころの荒川絵そっくりだったと思います。
    私、このシーン「荒川さんが描いた」って言われたら信じたと思う。

    ■アルのからかい方
    普通すぎて、ワロタ。・・・そして、それがよかった。二人の会話が聞こえてきそうでした。

    ■何でお前が泣くんだよ

    ・・・いい。
    そっか、ウィンリィは思い出したんだねぇ。
    エドがどれだけ「男」であるかを。

    「なんでお前が泣くんだよ」は、昔言われた言葉だけど、「今のエド」のセリフでもあって。
    イコールそれは「お前が悲しい思いをするのは嫌だ」ってことで。「泣くなよ」ってことで。泣かせるなら嬉し泣きだってことで。
    こんなに優しく自分を思ってくれる相手に、惚れないわけがないわな!(ただしイケメンに限る(爆)←色々台無しでスマン)

    ■そっか私、惚れて

    え?今、なんて、言った?
    惚れてたのかもしれない、じゃなかったね?
    というわけで10回リピート。いや、20回リピート。
    いやいや、それじゃ足らず(ry

    落ち着こうか。私。ねぇ。今、ウィンリィはすごいことを言った。
    マンガを・・・原作を、超えた発言、を、した。

    惚 れ て た ん だ 

    断定キタコレーーーーー!!!

    断定しやがったぞ、この小娘ーーーーっっ!!

    なんと・・・なんて言ったらいいんだろうか。
    すげー。断定しちゃった。うわっ。うん。すげー。


    ■化け物か人か
    大佐、抑えきれずにあふれ出すヘタレっぷり(苦笑)
    アニメ2では、大佐のヘタレ度がパワーアップしてますが、それすら長所として描こうとしている気マンマン。

    でも、彼の言っているコトは本当で、ホムクルだからこそ、TOPの座から降ろしやすいんですよね。理論では。
    大佐の勝機が1増えたってのは本当です。

    ■本に書いてあったよ
    なんの本だwwと、ツッコミたくなった。今目の前にいる現実はどう考えても書物を凌駕してるだろう。
    マンガだと違和感がなかったが、アニメでかつ釘宮のかわいい声だと超不自然。

    ■赤い石の醜い戦い
    この戦いが、数々の悲劇を生んできた。なんという皮肉。
    しかし、エドがちっさすぎる(笑)

    ■今更だが
    グラトニーの白鳥さんうますぐるww
    前のフュリーをまったく想像させません。

    ■総評
    見所はもっちエドのコートかけと、「嬉し泣きだ」でした。
    コートかけ瞬間が削られたのは残念でした。嬉し泣きもカメラワークが不満。

    でも、酷評するほど悪くもなかったです。
    ふむ、まぁ、満足でした。

    見れなかったコートかけのシーンは脳内で補完します。
    DVDに入れてくれたらとか、そんなことは・・・ないですよね。苦笑。


    って、私すっかりアニメに対して寛容になったな!

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1101.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1101-97aee1af
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。