スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 06
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集


    原作の戦国~が、私映画10選入るくらい好きなんで、見ないわけがないだろ?

    そう、私は、原作(アニメ映画)が大好きなのだ!
    そういう人は、大体こういうのは好きになれないものなんだ。
    だから、「なんやねーん!」って言う気マンマンだったけど、終わって、あ、れ?

    思ったよりも、よかった、よ?

    と言う映画でした。
    よかったような、面食らったような(笑)

    ところで、しんちゃんファンも複雑だよね。
    あっぱれや、おとな帝国。これは傑作映画だと思う。
    けど、しんちゃんの原作ファンは「あんなの邪道だッ!」って思う人が多いそうだ。
    しんちゃんである必要がない映画。しんちゃんのテーマも無視した内容もある。
    だからしんちゃん映画として認められないんだって。

    マンガ鋼ファンなら、その心理わかるような気がするよねぇ。
    鋼である必要がない映画って言葉・・・ふむ・・・すごい・・・デジャヴな気がする・・・・・・

    ・・・・・・・・。(すごく長い沈黙。苦笑)


    だからそんなしんちゃんマンガファンに敬意を表して、ここで言う「原作」は、
    漫画のクレヨンしんちゃんではなく、アニメ映画のアッパレ!戦国~のことだと思ってください。



    もうちょっと詳しく感想。完全ネタバレ。
    うむ。すっげーよかったーすっげー感動したーってわけじゃないの。
    ほんとに、思ったよりも、よかった、よ?
    って。ゆっくり発音したくなるような映画だった。

    まず、つよぽんが、思ったよりもずっと好演だった。
    原作が、がたいのいいおっさん、って感じじゃない?だからつよぽんのイメージと最も遠くてさ・・・
    でも、つよぽんらしさを残しつつ、最強の男は上手く演じていたと思います。
    ジャニを少し見直しました。

    逆にがっきーはちょっとありきたりだったかなぁという気がする。
    下手ではないんだけど、特に彼女じゃなくてもよかったんでは?思ってしまう程度だった。
    もっとこう、凛とした何かが欲しかったと思います。
    が、これは脚本のせいでもあろうかな。最後に駆け寄るのはない、と思った。危ないし、廉が持っているべき「凛」とは程遠かった。

    あとは映像。すっげーVFXだった。これはもう山崎監督ならではだと思われる。
    この映画の見所はズバリVFXだと私は思う。
    合戦シーンも、本当に「キレイ」に撮ってあって、実に見やすかったです。
    血も全然出なかったしね。本当にキレイな映像でした。

    で、今、わざと「キレイ」と書いたんだけど、
    合戦のシーン、ぶっちゃけ迫力にはかけたかなぁー・・・なんて。

    うん、今回の映画すごくキレイな映画ではあった。
    でも、なんだかそれだけかな?という気がする。

    合戦のシーンでも、恋愛ドラマにしても、家族愛にしても、少年の成長物語にしても、胸に迫る「一押し」が、一押しも二押しも足りなかった感じがします。

    あのね、私、一箇所も泣けなかったの。
    ディズニーシーのアリエルのショー見て、大号泣かますくらい私は涙もろいのです。
    そして、この映画の原作が枯れるほど泣ける映画なのに、それがどうした、この映画、全然泣けなかったのよー。

    理由はずばり、人間ドラマ、特に人物描写が薄かったから。

    まず、人間ドラマに感情薄。
    例えばしんちゃんサイドの家族愛。
    この映画におけるひろしの一番いいセリフ「しんのすけがいないこの世界に未練なんてあるか!」が削られていたことにびっくり。

    同じく、家族愛を感じさせるエピソードがほとんど欠落してた。たぶん現代のドライな一家を象徴して、わざとそうしたんだと思うだけど、じゃあ別にこの家族いらなかったんじゃないの?と言いたくなった。


    でもひとつこの映画の不運なところは、単独映画であるってこと。
    原作はTVアニメで描いてきたそれぞれの人物像があるから、わざわざ映画尺で家族愛を描かなくてもよいのよね。人物説明ですらいらない。視聴者は見る前からしんちゃん一家を知ってる。
    でも、この映画は、川上一家が何者かも説明して、かつ戦国時代を語らないといけないわけだから、さぞ難しかったんだろうなぁと思う。
    そして、それは残念ながら成功した風には見えない。やっぱりテーマが分散してしまった感が否めません。


    で、致命的だったのが、人物描写の希薄さが、主人公、又兵衛にも見受けられたこと。
    又兵衛の人物像描写が圧倒的に足りん。これが致命的だった。
    なんたって原作の「青空侍」が全面カットされてんだぜ。原作の監督が「青空侍」をタイトルにしたかったくらい大事なキーポイントでもあった。
    なんで一言で又兵衛を表すエピソードを削るのか理解できんよ、私は。

    「青空侍」のひとことで、彼がどういう人物か把握できる。
    そして、廉も彼のこそに彼に惹かれたのだし、「鬼の井尻」との対比が面白いんじゃないか。
    又兵衛がいまいちどんな人物か把握出来ないまま物語が進み、死んでいくから、最後の泣きシーンでもやっぱ泣けないんだな。

    廉にしても、凛としたところが足りなかったと思う。覚悟はできていたが、幼い。「おじょうちゃん」だったような気がする。このあたり、凛を演じようとしていたがっきーの演技と矛盾するんだよなぁ。
    おにぎりも言われてつくってて、なんで?!と思った。

    最後駆け寄っていくわけだけど、戦場の姫があれはないかな、と思う。
    又兵衛の最後、私は圧倒的に原作の描写のほうが好きだ。
    表情を描くんでもよかったから、離れ離れのままの最期のほうが切なさが倍増した気がする。

    あと、しんちゃんの成長物語としてもどうか。
    「逃げないを学ぶこと」に重点を置いていたが、じゃあなんで最後に敵大将に「逃げるな!」って叫ぶシーンを削るわけだ?
    あのシーンがしんちゃんの成長の答えでしょう。そして、「脇差が欲しい」発言にも繋がるわけだ。
    あ、この映画、急に「脇差が欲しい」とか言い出しました。映画だけの人は「なんで急に?!」とか思ったに違いない。


    なんだろうなぁ。いらない描写が増えてて、感情移入を誘うはずだった描写が抜けてた気がする。
    個々のエピソードは悪くなかったのに、人物のバックボーンが欠落してたから、胸に迫ってこないんだな。
    映像のきれいさだけを追ってしまって、戦国時代という泥臭さ、人間がはいつくばるようなねとねとしたものがまったく感じられなかった。
    監督が映像畑の人だからしょうがないのかもしれない。この監督の今後の課題ではないか。

    もう、これが上手くいっていたら、すっげぇ面白い映画になったと思う。ひじょーに残念でした。


    あ、ひとつ上手く入れたオリジナルと言えば、川上一家のケータイ活用や写真ね。
    「名もなき人のドラマを描く」というテーマに沿っててよかったと思います。


    やっぱり「ゼンブ」を描くのは無理があったのかなぁ・・・と思う。
    タイムスリップの面白さを描くのか。
    家族愛を描くのか。
    恋愛ドラマを描くのか。
    少年の成長物語を描くのか。

    この尺なら、せめてふたつでしょう?
    むー。じつに口惜しい。

    感情移入が少ない分、よく言えば軽く気軽に見れる映画だと思います。
    悪くはない、悪くはない映画なのです。
    でも、なんとなく物足りなさも感じてしまう映画だったような気もする。
    70点っていう、うん、まぁこのくらい取れればいい、かな? という。

    原作が胸にくる「重い」映画なだけにね。そのギャップが複雑であります。



    そうそう、私原作では最後野原一家ががダイエット器具で戦うところが一番好きなんだけど。
    とくにひろしが、あのぷるぷる~ってするやつで戦うところが・・・
    さすがにそれは削れてて、これは「ですよねー」としか言いようがなくて、がっくりしながらも納得。(苦笑)
    あれやったら神だったけどな。まぁ、しょうがないよね。

    あ、最後、廉に「又兵衛が好きだった」とはっきり言わせるシーンは、ほんとよいよね。
    あんな風にキャラクターにはっきり言わせるって普通ないと思うんだけど、あえてこの物語はやるのだ。
    この場面、原作の又兵衛パートで一番よいシーンだったと思うの。
    映画でも、当然このシーンは入ってて、改めて「いいなぁ」と思った。
    買うわ。私。アッパレ!戦国~のDVD買う。


    ところで、最初にフいたのは、製作「ROBOT」って、ばーんと出たことだったり。
    おおおおおぉおおおおおーーーーー!!!
    その瞬間「サンキューミスターロボット」が思い出されてフいてしまった。
    一気に名を上げましたな、この会社。
    これからもがんばっていただきたいと思います。


    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1059.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1059-e63b947e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。