スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2017 . 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017 . 08
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    ちょいと今日は「翼がほしい」を心から歌いたいようなそんな状況。
    (けいおん、のじゃなくて)
    どこかで聞けるかもしれないと思って、ググってみたら、歌詞が出てきた。
    以下、●ャスラックには内緒ね。 今 私の願いごとが
    かなうならば 翼が欲しい
    この背中に 鳥のように
    白い翼 つけてください

    この大空に 翼をひろげ
    飛んで行きたいよ
    悲しみの無い 自由な空へ
    翼はためかせ 行きたい

    子供のとき 夢見たこと
    今も同じ 夢に見ている

    この大空に 翼をひろげ
    飛んで行きたいよ
    悲しみの無い 自由な空へ
    翼はためかせ

    この大空に 翼をひろげ
    飛んで行きたいよ
    悲しみの無い 自由な空へ
    翼はためかせ 行きたい





    あ、れ?
    私の知ってる歌詞と違う?

    「今 富とか 名誉ならば
    いらないけれど 翼がほしい」

    が、ない。
    びっくりしたー。
    なんかこの歌は歌詞が省かれたり変わったり、色々してるみたいで。
    30へぇ。
    私は、「子どものときに」の前に上記の歌詞が入るバージョンが一番好きです。

    はぁ、それにしても、翼がほしい・・・



    そうそう、翼をくださいと言えば、ひとつ忘れられない出来事が。
    今でも学校で放映したり、演劇鑑賞してる?

    ジェームス三木のドラマ。参考ウキ

    私も高校生の時に学校鑑賞会で舞台版「翼をください」を観劇しました。

    地方の弱小高校だから有名な劇団ではなく、オリジナルコピー(時間も短縮版)なんだけど。
    私はこの話を知らなくて、先生達に「おまいら、この話いいぞぉー心して見ろー」なんて言われてた。

    事前に知らされてたあらすじがアレだっただけに、複雑な心境でもあったけど。
    私の学校アホな学校だったから・・・(んで、近くの山の上に頭よい人が通う学校があって、そりゃもうこのドラマをなぞるような境遇だった)

    見た。
    うん、確かに(色んな意味で)衝撃的な話だった。
    でもさ、終わった後に思ったんだよね、「先生が言うほど、そんなに、いい、話だったか?」と。
    それどころか、すごくもやもやというか、鼻についた。
    「学校差別いくない」(超要約)がテーマだと言うのに、まるで今、差別を受けたかのようだった。

    そう思ってたのは私だけじゃなかったみたいで。
    見終わって出てきたロビーで、ある生徒Tが先生に叫んでた。

    「先生!ちっとも面白くなかったよ!」(叫)
    (オブラートという言葉を知らない最強ぢょ子高生。出演者・スタッフすぐそこにいるのに!(笑)あ、私じゃないですよ!ダンジテワタシジャナイデスヨ!(なぜかカタコト))

    したら、先生すごくこっそり言ったよ。
    「うん、今日の面白くなかった。原作短縮されてた。っていうか今日のな、優等生の視線から描いた劣等生の話や。原作と全然違う。」

    ・・・優等生の視線で描く劣等生・・・そりゃあ、マジモンの劣等生の鼻につくワケだ。

    T「先生ウマイこというなぁ。そうや、もやもやは、高いところから見下された感じがしたからや」
    先生「おうよ、原作はいいから、まぁ、機会があったら一度見とけー」
    T「はーい。でもたぶん見ないと思うな!」


    一連の出来事で、色々学んだなぁ。

    1.よい物語と言われているものが、自分にとってそうとはかぎらない

    2.プロがつくる物語でも面白くないものは面白くない

    3.ボキャブラリーが豊富な人は、感想を短く的確に言うことができる

    4.どこに関係者がいるかわからないので、批判する時は、十分に注意する。
    ほら、「じゃ、先生さよならー」と言って振り返ったらそこに出演者がいて、
    しょぼーん('・ω・`)
    になっていたとか、あるかもしれないから、ね。


    これは、ネットで感想を書く上でも関係することだよね。
    どんなに評価されるものでも、面白くないものは面白くない。
    だけどTPOをわきまえなければならない。
    そして、言葉を選べば選ぶほど、それは人にちゃんと伝わる、と。


    で、それから十年以上たった今、私はちっとも成長してないことを知った。アホの子の魂は死ぬまでアホの子!


    そして今、気づいたことがある。

    6.監督・セリフ・演出が少し違うだけで逆の印象を与えることがある

    7.原作がよくても「今見たもの」がダメならダメ評価が残る

    前にアニメがどんなに面白くても、原作にまでこける人はライトユーザーには少ないみたいなことをココで語ったけど、それって逆もありうるんだよねぇ。

    アニメが面白くなければ「世間でマンガが面白いとか言われてるけどぉー。アニメがあれじゃぁねぇ。たかがしれてるよねぇー」になっちゃうことがあるわけだ。

    どんなにアニメとマンガは別物だって言ったって、一見さんには関係ない。
    現に私は、今にいたるまで「翼をください」の原作は見てはいない。


    今、「お話」は当然のようにマルチメディア展開をするわけだけど、
    原作ファンにとっても、作者にとっても、諸刃の剣なんだなぁと思った。

    どんなに「別物」だとしても、ソレは確実に影響する。
    そっか、だから私、鋼アニメにがんばれがんばれって言ってるんだな。

    よーし、またアニメ鋼を見る元気が出てきたぞ。

    入江さん以下スタッフの人は、
    これから益々きばりんさい!


    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-1043.html|編集

    トラックバック

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/tb.php/1043-de991a8d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。