スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2008 . 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2008 . 11
  • 前にも書いたっけか。

    アルフォンス・ハイデリヒ君って、映画の時17歳なんですよね?
    で、エドと初対面だった時・・・ルーマニア(の大学?)は、もっと若かったんですよね?

    彼 、 学 校 ど う し た ?

    高校とかちゃんと出てたの?
    それとも、ロケット萌え~!って家出してきたとか。
    「先生!今日から先生のトコに住まわせてください!」なんて。
    ルーマニアの教授テラ迷惑ww

    当時のドイツやルーマニアの学校制度ってどんなもんだったの?
    彼ってドイツ人だよね?ドイツのどっかの庶民(少し裕福か?)だよね?
    ルーマニアに行く資金どうした?

    そ、そもそもドイツとルーマニアってどのくらいはなれてるのかなぁ。
    いつドイツに戻ってきたのかなあ。
    なんでミュンヘンに住んだのかなぁ。(あ、ここは前に考察した気がする)

    彼の生い立ちが、今ひじょーに気になっている。
    映画中、パパンとママンの影がひとつもなかったことも気になる。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-851.html|編集

    私は文も書けんのじゃーーーーー!!!!(叫)

    もっとおもしろかっこいいぜ!な文を書きたいけど、多分一生無理なんだろうなぁ。
    もっと学生時代にべんきょーすればよかった。と、思っても後の祭り。

    年内更新目標がんばろーおー。

    ツッコミありがとうございます。

    続きますたんぐー

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-850.html|編集

    私は絵が描けんのじゃーーーーー!!!!(叫)

    動画には「画」がいる、そんなげんぢつ。


    もし、ミクにそれなりに歌わせることができるようになったなら、今度は鋼をモチーフにしたオリジナル曲を作りたいと思ってマス。
    「いけーいけいけえどわぁどぉー!正義のキックだとぉーとぉー」「おせーおせおせあるふぉんすぅー!ロケットぱんちだごーごー」
    ・・・どうよ?うーんやりたいっ(>_<)

    あ、シリアスな曲も歌わせたい。今やってるやつが、えげつないギャグなので。

    その場合の歌詞は・・・お、思い浮かばない・・・「この罪は消せないけど~」って、いっしょじゃん(苦笑

    シリアスって難しいですねぇ。


    それと、鋼に影響受けただけの「(C)とつ」マークがつけられる、私の曲もやりたい。・・・ってのは、きっと夢のまた夢だろうなぁ。でも、それだったら、堂々とブログにも貼れます。

    でも、今調教してるやつが、どう聞いてもロボっぽくて愕然とします。
    抑揚とか盛り上がりとか、何にもありゃしない。世のP達の凄さが身にしみて(ry

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-849.html|編集

    このブログに書くことではないかもしれませんが、昨日もスクエニ大好きーと叫んだりと、そういう思考を持ってる管理人のブログとして、触れざるを得ない気もするので。

    ●ヤングガンガン編集者による未成年との飲酒疑惑とファンの冒涜

    事件経過:ヤングガンガン編集者がmixiでファンをキモヲタ呼ばわりで祭
    (他ブログ様へ飛びます)

    公式発表がありました。
    http://www.square-enix.co.jp/magazine/yg/
    (ヤングガンガン公式サイト)

    この報告、虚偽がない真実だろうか・・・
    それにしても、ガンガン、なにやってんだゴルァ!!
    関係者と(調査結果が事実なら)タレント、それからファンに、血を吐きながら土下座しろ。
    私はスクエニ&ガンガン信者だけど、『ダメー!』なことには、どこの誰より 血祭りにするから 叱っていくから、覚悟するよーに。

    ここらでひとつファンへのお詫びに、最新号無料配布するとかどーよ?

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-847.html|編集

    オールナイトレポの追記っぽいもの。

    大川さんたちが座ったイスは普通のパイプイスっぽいものだったけど、座ると予想以上にふかふかしてたらしい。
    「イスふかふかだぁ」と言った藤原さんがかわいかった。きゅん死(私が)

    会場ではアニメイト(と思う)が、DVDの予約を受け付けていました。
    売り子さん達がどこの人たちかは知りませんが、プライベート(?)な会話立ち聞き。

    「DVDすごいよなぁ」「高いよなぁ」「でも豪華ですよ、この特典は」「こういうのなかなかないよなぁ」「かなりプレミアなグッズもつくんだろ?」「買おうかな」

    買 っ ち ま え 。 (とつ、心の叫び)


    (主語がなかったので別に陳列されてたデトロイト(略)のことだったらゴメン。まぁ鋼好きには、こういう会話に聞こえたということで。さすが鋼イベントに来る売り子さんだけのことはある!(しかも徹夜の売り子でしたね。お疲れ様でした))


    売り子も欲しいDVDはがんばればまだ買える!

    みんな!見逃すなよっ!


    (予約締め切りは、過ぎたけど、がんばればまだ予約受け付けてるんじゃないかな。と鋼好きとして宣伝。)


    そうそう、水島さんは最後のコメントで、ちゃんとDVDの宣伝もしてました。さすが監督です。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-846.html|編集

    また仕事が忙しい。調教すすまねぇ。
    だがしかし、新しいiPodかいますた!色はKAITO色(ブルー)です。

    とりあえず、アルの尻振りダンスinニコニコ入れました!!
    このアルは、アル好きじゃなくても、きゅん★ってなると思う。

    P1030973_convert_20081021231659.jpg

    わからない方は、ニコニコで「手書きMAD あるのじかん」で検索ヨロシク!

    鋼には関係ないけどコレ!
    【手書き】リューナイトで男女

    感動した!!これ、すげぇ!作品への愛が溢れてる作品ってこういうんだよね!

    さて、私もそろそろ鋼活動を再開させたいと思います。
    サイトとかサイトとかサイトとかさ・・・(何回目だ)

    ツッコミありがとうございます。
    ・・・遅くなってすみません。気がついたら、大変な日数が過ぎてきました。
    私、あんまりお返事しないからなぁ。(もらっておいて。本当に)
    そろそろ、ツッコミもはずしたほうがいいかな。検討しようと思います。



    続きますたんぐー

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-840.html|編集

    すまんかった。浮気シテマス。
    今、実はミク調教してます。日夜びしばしやってます。
    今までサイトブログ更新に使ってた時間を使ってます。
    一曲くらいは完成させたい(カバーですけど)。動画つくりたい。
    私のミクは、オケも合わせて、ほんと、_| ̄|○なデキだけど、自分の納得できるものにはしたいと思ってる。
    しばし、浮気させて・・・!!!

    と、土下座。

    (次回日記でツッコミ返しさせていただきます)

    お詫び写真。
    新潟に大きく兄さん刻んできた。
    P1030426.jpg
    床に落書き!兄さん落書き!
    (もちろん消さずに残してきましたよ!あ、もちろん落書きOKの場所です)

    続きますたんぐー

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-839.html|編集

    20081013002144
    かわいい!
    ゆえさんのピンキー

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-838.html|編集

    20081012090232

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-837.html|編集

    20081012085901
    旅のお供はもちろんガンガン

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-836.html|編集

     | ホーム |  »

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本