スクエニと鋼の錬金術師と荒川弘・初音ミク!

  • 2005 . 02 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2005 . 04
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/?overture" target="_new|編集

    私が日参しているエドウィンサイトの日記(毎日)の冒頭「皆様今日もいかがエロウィンお過ごしですか?」というコピーが大好きなとつです。こんばんは。
    今日はキャラメルボックスという劇団の演劇「TRUTH」(トゥルース:直訳すれば真実の意)を見て参りました。イズミ役の声優さんが所属する劇団です。
    激動の幕末の中の小さな藩主のこれまた一番下っ端の、6人の藩士の物語。有名な人は誰も出ない。本当に小さな小さな物語です。でもそんな小さな物語にも、涙あり笑いあり悲劇あり喜劇あり。
    折原みとさんが戦争ものの著書のあとがきで言っていたことを思い出しました。「今の私達の幸せは、戦争や悲劇の犠牲のおかげだとよく言います。でも当時の人たちは、未来の犠牲になろうとして生きていたわけじゃない。そこに生きる人だってみな、今と変わらず友達と語り合ったり恋をしたり幸せを探していたはずだ。」というようなことです。
    幕末と言えば維新志士ばかりが取り立たされ、時には萌えの対象になることもありますが、どんな激動の時代でも、人は自分の幸せを探しながら、誰かを傷つけ、誰かを愛し、今と変わらない幾億の人生があったんだということを改めて思い出させてくれました。
    しかし、幕末の混乱はそんな彼らの日常を壊してしまった。身分という制度は人を狂わせてしまった。
    それでも幸せのために。大事な誰かのため何かのため。そして自分の「TRUTH」のために、駆け抜けようとする彼らの生き様は、やはり現代に訴えかけてくるものがありました。いいお芝居でした。

    で、一緒に行った方は鋼夢友達でしたのでもちろんエロ夢の話になるわけでして。
    ヌルいエロとハードエロの個人基準に物凄い違いがあったり・・・一番きっぱり分かれたのは

    「エドはアレの時に避妊をするかしないか」

    でした。バカですね私達。昼間っからこんなこと。
    友人は「するだろ?」的。私は「しないだろ?」的(←終ってるよ、とつさん。笑。)本能でつっぱしるタイプでありますが、でもしかし!!
    「相手に対して物凄く気を使う」という妄想は一致しました。エドは自分の前から大事な人が消えてしまうことを極度すぎるほど恐がっている傾向が見られます。アア見えて、結構他人が自分を嫌うことを嫌っています。だから行為に対して女の子がつらい事を知ってるので、きっと一々優しいです。
    でも行為そのものは豆のくせに激しそうだなぁ・・・と思っていたり。彼は他人に対して心を開くのに物凄く時間を要しますが、一旦開いたら、すべてをぶちまけてくると思うので(そしてそれを受け入れてもらいたいと。特に恋人には・・・母親を求めるんじゃないかな)、いつも彼はその狭間で葛藤です。そんな彼が萌えです。
    スポンサーサイト

    http://crosswalk.blog62.fc2.com/blog-entry-132.html|編集

     | ホーム | 

    FC2Ad

    スクエニメンバーズ

    カテゴリー

    最近の記事

    過去ログ

    ブログ内検索

    ***

    読んだ本

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。